カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルパイ珍大騒動

アップルパイ_800
昨日お伝えした、人吉から友達が動墳レストア手伝いに来てくれたN氏に前回頂いた、アップルパイが絶品だったので、帰りに買って来てくれる様に頼ん居たので、彼は数日前に予約を入れてくれて居た。当日彼が取りに行ったら、2個注文していたのに、1個しか作って無かったらしい。お店では平謝りで明くる日宅配便で送るから、勘弁して下さい。と言う事になった、此処までは騒動の序奏に過ぎなかった。明くる日隣部落の彼の家に届くはずが、予定より可也遅いので、問い合わせたら、運送やに問い合わせます。と返事だった。暫くして電話で配達先の配送センターに届いていない!熊本県の総合センターに問い合わせてみるという返事が運送屋から来たそうである。生物が行方不明一大事! 総動員して探して、見つかったそうである。
その会社には配送車が間に合わなかったので、他の運送会社に依頼して、配達する事にしたそうで、別会社のトラックが配達に行くので、受け取って下さい。と連絡が有ったらしい。そして彼の家に配達されたパイを娘婿が我が家に配達してくれた。22時過ぎて居た。開けてみると2個注文したのに1個しか作っていなかったお詫びに雛ケーキが2個入っていた。それを箱に入れた時はその後の大騒動まで想像していなかっただろう。もしそんなに遅れる事を知っていたら、・・・その経緯が只今メールで聞かされたが、その時には、この一切れだけしか残っていなかった。ギリギリ写真を添付出来ました。
スポンサーサイト

棚ボタ:ヒョウタンからコマ

例の高野さんが果実用コンテナ跡継ぎも居ないので、一個百円で譲って良いと言う事で私は50個お願いし、近所の農家で入用な人が居たら紹介してくれ、と言う事だったので、本日近所の蜜柑農家を連れて行きました。其処で、今回の動墳の付属品である撹拌機が無いのでどうしたら良いか相談したら、自分が持っているのが、サイズが合わず、使っていないのがあるから、紹介料代わりに上げると言って下さった。持って来て下さった物を合わせてみたら、穴が少しズレテ居るだけだったので、削ったらジャストフィット!数万円するものが、タダ!
動墳撹拌機_800
写真の黒いホースが付いた、物がそうである。今回の出費はベルト代だけで済んでいる。後は重要なノズルの掃除で完成するはずである。(希望的観測)明日友達が人吉から帰って来るので、その時一緒に分解してみよう!一人では恐い!まあ良いか!駄目ならヤンマーに持って行けば何とかなるだろう。昔のジーゼルエンジンは壊れる所が無いと言われているからな。此処までやって駄目なら、寝込みます。

動墳レストア

先日紹介した、動墳真っ黒でした。触るのも、近寄るのも敬遠したい様な状態でした。
先ず掃除しないと、修理する気も起こりません!オイルを抜こうとしたが、出て来ない!ガソリンを入れても出て来ない、針金で突いていたら、ドバーっとゲル状のオイルと真っ黒いガソリンが出てきました。大体掃除して、掛けてみたら一発始動!驚いた!でも直ぐに止まってしまった。燃料系の止まり方だ!燃料タンクを外して、フィルターを見たら、劣化した、黒い塊のフィルター、触るとぼろぼろ崩れて来る。フィルター老化_800
ヤンマーに交換部品を注文に行ったが、あまり古いので、苦労して調べてくれたが、タンク内はスラグがこびり付いていたので、小石(バラス)をタンクに入れて、ガソリンを入れて、揺さぶった。可也綺麗になったので、もう一度やったら、ガソリンが、漏れて来た。錆おスラグが取れて、穴が開いてしまったのである。其処で溶接は恐かったので、FRPで修理した。写真の水抜きの下の2個の穴がそうです。
燃料タンク修理_800
フィルターは注文を取り消して自作した。泉水を造る時のクッション材の余ったのがあったので、それを巻きつけた。
フィルター裸_800
フィルター修理_800
油で溶けないので此れで十分だ!

神奈川からカヨマン親子帰省してパール柑刈

フルーツガーデン集合_800
カヨマンもソロソロ職場復帰なので最後の里帰りとまでは言わないが頻繁には帰れなくなるのです。
パール柑をコンテナ一杯送って一月も経たないのに、もう完食してしまったそうです。其処でマイフルーツガーデンに最後の収穫に行きました。
碧木登り_800
子供にとっては初体験だったのではと思います。子供の居ない私達にとっては孫が訪れた様に感じます。
明くる日聞いたら、あの日に6個も食べてしまったそうです。子供も他のフルーツには目もくれないそうです。そんなに食べて問題無いのかな?

プライベイトビーチ

従兄の家_512
jenniferさんがプライベートビーチの事書いていらっしゃいました。実はマイフルーツガーデンの向い側徒歩30秒に従兄の別荘があります。両親と其処で30数年前まで済んでいたのですが、現在は熊本市内に住んでいるのです。叔母が健在だった時、貸してっ!と言ったが断られました。これぞプライベートビーチでは!日本にも在るんです。

灌水

灌水_512
パール柑移植して一週間経ちました。庭造りの時余っていた水槽を利用して、灌水に行きましたが、手造りの蛇口からは少ししか、水が出ません。経験不足、知識不足でした。ホースを外したら、少し勢いが出てきましたが、対策を立てねば成りません。取り合えづ、隣に在る高野さんに相談して彼の灌水装置を使わせて頂きました。
動墳_512
明くる日,高野さんの知り合いがで動墳を使わなくなった人が居るので、安く譲って貰えるように、交渉してくださると言う事で、行ったら、5年前から使っていないが、その時まではエンジンは掛かっていたけど、肝心のポンプ部分は外してあった、そしたら、高野さんが自分が使っていない。電動式動墳のポンプを下さる事になり、両方を組み合わせると、一組の動墳が完成するはずでである。後はエンジンがかかる事を確認して、ベルト:フィルター:ホースをそろえれば、ヨットのエンジンの経験が在るので、何とかなる事でしょう。又遊び道具が手に入った!
言うまでも無く、動墳(動力噴霧器)だから、消毒薬噴霧が主用途だが、灌水も出来るのである。ひょとしたら、船底掃除も出来るのでは?田舎暮らしが本格的になって仕舞いました。何度も縁が在った堕落亭酒楽さんも頑張って居られる事でしょう。

草棄て場確保

川菖蒲廃棄_512
先日川菖蒲を撤去しましたね、取り合えづ我が家の保管場所兼ゴミ焼き場に置いていましたが、乾燥して焼却するのは無理だったので別の場所にすてに行った。実は昨年山の捨て場に行く道が繁茂した。木々で通行し辛かったのでチェーンソーで切り開いていたら、すずめ蜂の巣を破壊したらしく、猛攻撃を受けて、死に物狂いで病院に直行した事が在ったので、別の所を探していて、放置水田のオーナーに草刈をするから棄てさせて下さいとお願いしたので、午前中に草刈して、愛車サンバートラックで棄てに行ったのです。
草捨て場_512
此処がその捨て場です。これからは毎月芝生の刈採った物を棄てなければなりません。半日で半分約100坪位草刈しました。遠くに我が家の姿が見えますか?画像をクリックして、真ん中のグリーンの防風ネットが見えるでしょう!それが我が家の左端(北)です。夜はエアロビクスに行きました。疲れたバイ!そうそう!昨日は愛妻からカクテルチョコを貰いました。

梅の花が満開

梅開花
見ての通り満開です。
7年前此の花が満開の時此の土地を見に来て、隣の土地に10本ほどの梅の花を見て家内が一目惚れ此の土地に引越しする事が決定!そして、その後自分の庭の芝生に隣の雑草の種が飛んで来るのが嫌で、2週間に1度草刈(隣の土地)して居たら、地主さんが、そんなにするなら、買ってください。と言われまして、幾らですか?と聞いたら、200坪500万円、年収の範囲内で200坪なんて、即決して、現在の庭造りが始まったのでした。
余談ですが、温室のブーゲンビリアも開花しました。
ブーゲンビリア開花
春から秋まで咲かなかったのに今頃咲くとは!

果樹園Emitan

新畑2
撤去した、パール柑の3本は直ぐ近くの空き地に植え替えました。従兄から自由に使って良いとの事で自分で自由にして良いマイフルーツ ガーデンです。田舎暮らしを始めて、6年とうとう果樹園持ちになりました。今までの分が3本形本それに太陽と言うネーブルに近い蜜柑が在りました。それと無花果(イチジク)1本もう1本は我が家の畑に移しました。
P1030939_512.jpg
水やりが終わって自分の畑から採ったパール柑を試食アーン!

パール柑引越し第3弾

根は深くなかった_512
我が家へ移植するのは鉢巻をした、土が崩れ落ちない様にする為です。
P1030934_512.jpg
無事移動終了して我が家に到着!前転しない様にバケットを前に出して少し降りて、又バケットを調整して降りる、を繰り返して降りました。
新パール柑再植
やっと元気の良いパール柑復帰しました。

パール柑引越し第2弾

P1030927_512.jpg
駐車場になる部分からパール柑撤去中
P1030932_512.jpg
撤去終了した、畑です。土付きで4本も撤去したので、土が足りなくなって仕舞い、奥の一段高い畑から、木が無い所の土を削り、文字どうり穴埋めしました。写真でも判ると思います。

パール柑畑引越し!

ユンボパール柑撤去_512
我が家の庭の中央に4年前に三角町の従兄の畑から移植した、(パール柑) 管理が悪くて、みすぼらしい状態に成ってしまいました。其処で従兄の畑が駐車場の為に処分される事になったので、植え直す事に相成り、先ずは庭から撤去する事になり、グァム島にも一緒に行った、大工の頭領からユンボを借りる事にナリ、40メートルぐらい離れた置き場から出して、3メートル走行した所で、エンジンが止まってしまいました。燃料系の止まり方と推察して、燃料タンクをチェックしたら、空っぽ!道路の真ん中です。他の車が来たら大ブーイングが想像出来ました。
この様な場合はスロットルを上げると、エアーを吸い込んで大騒動になる事を経験から知っていたので、再度始動トライして、かかったのでスローのまま、道路の左端に辛うじて移動完了!軽油は持って無かったので、取り合えづ灯油を入れて、我が家まで移動、軽油を買いに行きました。写真は撤去中の私です。ユンボは大人のオモチャ!楽しい!6年前に我が家を作った時左官さんが持って来ていた、ユンボを5分間ほど使い方を教えて貰ったのが、始まりでした。そのお蔭で此の庭つくりが始動したのでした。

航路標識御免なさい!コメントの記入逆でした。

グァム:サイパンは逆のコメントで戦前のブイの色を戦後の色に書き間違えていました。
過去のコメントをチェックしていて、気付きました。
戦前は入港時右が黒で左が赤でした。私がヨットを始めた34年ぐらい前はアメリカ軍と習って左が黒で右が赤でした。その後いつの間にか、黒が緑になっていました。
即ちグァム:サイパンはヨーロッパと同じ右が緑:左が赤。
頭がコンガラカッテ来ました。   又ま違っていたりして!

我が家にもJTフーズ

JT問題冷凍食品_512
昨年10月11月に佐世保:五島クルーズした時、食料準備したけど、残った冷凍食品を我が家に持ち帰り冷凍庫に保存していました。
img748_512.jpg
それが新聞に掲載されている左上の製品とコード№が一致しました。でもタイランド製です。デザインも少し違います。
もし毒入りを航海中食べて、意識不明になったら、どうなって居た事でしょう!シングルハンドクルージングだったので、衝突するか、座礁して、事故死にされて処理された事でしょう!
本当に恐いですねー!

薪ストーブ

P1030900_512.jpg
今迄は火力調整は最小にして薪を焚いていました。少しでも、勢い付けると、家中のドアーを開けなければ、暑く成り過ぎていたからです。でも帰国してからは、炎を上げて使っています。本格的に寒くなったのか、グァムとのギャップなのか、火力を上げています。このストーブは温度調整が自在に出来て、本体を直接触っても焼けどするほど、熱くなりません!上に置いたたらいの水も60℃ぐらい以上上がらないのに、しっかり部屋を暖めてくれます。知識が無かったので40万円以上したのを勧められて、購入した後で数万円で似た様なストーブが大型ホームセンターに売ってあるのを発見した時はショックでしたが、此れは可也の優れものです。感激しています。
でも、薪の伐採とサイズ合わせのチェーンソー作業は12分の1年即ち、一月要します。時間と体力がかもし出す。快適さです。薪は広葉樹でなければ都合が悪いようなので、近くの大工さんから杉の破材では駄目なのです!あちこちの開拓お手伝いや造園業が伐採して来たものを取りに行きます。
P1030901_512.jpg
薪小屋の一つです。耕運機&乗用芝刈り機_512
自分で溶接して造った、薪棚です。此れで溶接技術が上がりました。

サイパン&グァムは航路標識が逆です!

2000年にサイパンに入国した際、航路ブイが逆だったので、入港危うしでした。
グァム&サイアパンは日本やアメリカとは、緑と赤が逆でした。サイパンではイミグレーションに問い合わせて難を逃れましたが、グァムでは珊瑚礁に座礁しました。その場回転した後に前後の動きを繰り返して、脱出しました。マリアナヨットクラブに行ったら、パスメーカーと言うニックネームが付けられていました。詳しくその時の様子を書きましたが、受け付けてくれなかったので、手短に書きました。
グァム航行中_512
アプラハーバーを出航する時の写真です。

グァム島

変なアヒル_512
何処に行ったか書いていなかったですね!体調異変で余裕ありませんでした。取り合えづ、ブログ休みの理由を伝えなければと思って昨日は投稿しました。8年前単独寄航した、グァム島に行って来ました。横井ケーブの傍に20年前にチャータークルージングで行ったバージン諸島で発見したのと同じアヒルちゃんが居ました。
浩フットリング_512
男共はトーリングに行きました。成果はマヒマヒが6匹とマグロ(人間マグロ)が一匹でした。刺身をキャプテンが上手にしてくれて、食べようとしたら、日本人のギャルが押し寄せて来て、食べたい!とネダラレて元気だった二人は自分が食べる前に次から次に彼女達の口に給餌する羽目になりました。おじんとしては楽しかったけどね。(モテタ様な錯覚で)

日本は寒い!死にそう!

P1030861_512.jpg
仲良し3夫婦で寒い日本脱出して来ましたが、帰ってからのギャップが返って堪えます。体調回復の為サウナマッサージに行きます。と言う訳で今日は此れまで!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。