カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バウハッチロック修理

バウハッチロック修理_640
バウハッチのロックが落ちかけていたのを発見!真鍮のピンを押し込んだが直ぐに外れるので、思い切ってビスを外し原因究明に係ったら、カシメて在ったピンがゆるくなっていたが直径3ミリの真鍮何処で入手する物か?ホームセンターで真鍮の釘を見つけたが細いものばかりで別の大きなホームセンターに行って探したら、やはり釘は細かった、だが別のコーナーに行ったら、L型フックが3.1ミリと2.8ミリ」迷ったが、3.1ミリを買って調整することにした。結構大変だったので、どちらが正解だったか?作業し易い様にネジ部分は後から切断しました。
スポンサーサイト

May Day May Day!

P1010131_640.jpg
本日携帯電話で隣部落の西村君にMay Day コールをした。彼も以前ヨットに乗っていたし、現在もモータークルーザーのキャプテンなのでメイデイコール(救難信号)が通じると思ったが彼の孫の名前がメイなのでとっさにそちらの方が頭に浮かんだようで、何の事か即座に理解出来なかったようだ。実は庭から出た草や枝を貯めていた物を湿地の草捨て場に棄てにに行った際、がくっと右後方車輪が沈んだ。 積みにを降ろしてイザ脱出しようとしたが、出ない!四輪駆動の軽トラなのにスリップして身動き取れなくなったので、May Day(救難)コールした訳なのです。勿論即座に救世主は四駆の軽トラで駆けつけてくれ、無事脱出できました。写真は脱出が終わって洗車した後に現場で撮影したものです。その時は写真撮影の事を考える余裕が在りませんでした。写真をクリックして向って左後方をご覧下さい。バックミラーの横です。草が黄色っぽくなっている所に嵌まり込んだのでした。

避難蝸牛

蝸牛_640
洪水の翌日裏の川の橋の欄干?イヤ記名塔かな?
水死を逃れる為か、蝸牛(カタツムリ)デンデンムシの避難所発見しました。此の時既に廻りに沢山居たのは避難所から自宅への帰路に着いたやからが居ました。だから当時は此の3倍は居た事でしょう。念の為我が家の被害は皆無でした。気使って頂いた事感謝します。

洪水だよー!

P1010109_640.jpg
毎年の事ですが、我が家の前の道路は河川に成りました。土地を購入する前から噂は聞いていたので全体的に地盤を上げていますし、家の基礎は基礎コンクリート枠で一番高い物を使って、居るので、床下浸水の可能性は在りません。昨日マリーナで作業した際、ゴムボートを持って帰ったので、お出かけは可能です。
洪水_640_640
庭の裏に桟橋を造ろうかと思っています。写真をクリックして見て下さい。マリーナ付きリゾート住宅です。大昔は此処は海だったところです。明治以前近くで舫って居た船が台風で沈み33人が死んだと言う記念碑があります。部落名も鴨籠です。鴨が終結して居た処だそうです。

台風対策舫いやり直し!

エミタン_640
ご覧の通り、Emitanは桟橋の岸壁側の端っこです。(自分で選んだのだが)即ちポートサイドのスターン側は係船索が取れないのです。バウ側も桟橋に余裕が無く、不安です。其処で岸壁のブロックからチェーンとロープで台風用係船索を取って居たのですが、此処の干満の差は7メートルなので、チェーンが海中と空中を毎日2往復する為か3年で腐れて切れてしまったのです。其処で今回は50ミリのロープの6mの両端を アイスプライスして、今迄より深い場所に通す事にした。ロープとチェーンの準備が出来、本日大潮だったので、15時40分の最干に向けてゴムボートとウエットスーツの準備をした。隣の艇の蔵田さんが応援に来てくださった。雨の中の作業だったし、洞穴の中に潜り込む仕事だったので、写真が撮れなかったのが残念です。大仕事でした。次回天気の良い大潮の時今回の仕事の一部が披露出来るでしょう。疲れたけど、今日はエアロビクスが19時半から在ったので、頑張った!明日の阿蘇でのハナシノブコンサートどうなる事やら>

夫婦でステンドグラス挑戦作品第一号

P1010102_640.jpg
表題の通り本日最初の作品が出来ました。

トラクターを追いかける白鷺

追いかける白鷺_640
散歩していると、トラクターが耕した直後を白鷺が追いかけて居ました。何故かはお判りですね。写真をクリックして見て下さい。
08川菖蒲砂利_640
一株の川菖蒲が咬んでいた石です。重たいのが納得出来るでしょう!

梅雨の晴れ間

桔梗_640

梅雨の晴れ間です。我が家のエントリーの花壇の桔梗が爽やかです。今日は朝から毎日の散歩:庭の川の川菖蒲(繁茂し過ぎたので)撤去斑入り物は繁殖力が弱いけど、緑だけのの物は川の流れを塞き止めて仕舞います。昨年も撤去したのですが、残りが、増殖しました。単色の物は全部撤去する決断をしました。砂利と結構大き目の石を抱き込んで居るので、重さは多分80kgぐらいなので、ショベルで一部、剥がしロープを掛けて軽トラで引きずりだし、アッサファルトの処まで曳き移動した。後はツルハシで分解しようと思ったけど、大変だったので、根が弱ってから、作業する事にしてヨットの方に行った。先日取り付けた、主機のセルモーター用のバッテリーのへのソーラーチャージャーの配線を行った。此れでバッテリー上がりの心配が少なくなった。も一つはサブバッテリーチャージャーの取り付けである。此れは、まづスターター用バッテリーに充電してから、出ないとハウス用のバッテリーにチャージングに移らない様自動コントロールする装置である。取替えようと思い外したら、ターミナルから幾つも電源を取って在ったのでどれをどう裁いて良いか判らなくなって、拒否反応が出て仕舞い、そのまま元に戻したが、時間を掛けてその配線を手繰るしかないのです。解っているけど、ヤリタクナイ!でもヤラナキャイケナイ!其々の配線を手繰って配電盤のブレーカーに移動しなけねば成らないのだ!地味で根気の要る作業なのだ。
BEPスイッチ_640

jennifer石川夫妻来宅

石川夫妻_640
昨日の集中豪雨の中ご夫妻はクラブハウスも休みで、参って居られるかと、コインランドリーにでもお連れしようとジェニファーを訪問しました。溜まった所用を済ませ、近くのヨット施設を案内し、私のヨット改造を見て頂きたく、Emitanでコーヒー飲みながら話をして、果樹園を見てもらい、我が家までお付き合い願った。ブログでお付き合いが始まって数ヶ月で始めての対面でした。庭で取れたレモングラスティーを飲んで居られるシーンです。エンジンの事も詳しく航海も安心でしょう。ボンボヤージ!

ナビスティック山小屋

山小屋から我が家_512
ナビスティック二度目の実験です。山小屋~自宅までです(黄色)。此れで練習は終了!画像をクリックすると拡大画像が見れます。其々の月のアーカイブもクリックして、以前のブログ見ることが出来ますよ。

Emitanステンドグラスに挑戦

恵美子ステンドグラス挑戦_800
何も言う事は在りません。頑張っています。

枇杷(びわ)&ヒヨドリ

P1010057_800.jpg
枇杷(びわ)(熊本ではヒワと言う)の実がそろそろ食べれるぞー!だから恐いのである!サクランボの時は朝から今日は収穫だねと話していたら、夕方のは完全に無くなっていました。今度こそ取られないぞ!と網を掛けました。
P1010064_800.jpg
三日後ヒヨドリがかかってて居たので、近くで撮影成功です。その二日後枇杷を山小屋へ持って行ってたっぷり たらふく食べたのでした、美味しかった!!
摘果したので、粒が大きかったです。誤解を呼ぶ記事だったので、訂正しました。

ナビスティック

navistic.gif
此れはナビスティック http://www.xroad.biz/navistick/index.html と言うAPRSの基地局なし版です。但しリアルタイムでは在りません。5センチX2.5センチX2センチのスッティックのスイッチをONにして行動して。帰宅又は帰艇してからPCにダウンロードするシステムです。紫色が自宅(㈲会社エミタン)からEmitann ビルまでの軌跡です。

白梅幼稚園 第二陣

ぞう組_800
今度はぞう組さんがやって来ました。前回はくま組さんだったそうです。

マリンテックの浜田社長は凄い!

ブームバング完成_512
此れは昨年12月のブログの写真です。各方に問い合わせして解決しなかった。ブームバンクでしたが、マリンテックの浜田社長のアイデアで改造して頂きました。費用も殆ど係らず素晴らしい出来栄えでしたが、今日ウエストマリンのカタログP1239でそっくりの専用ブームバンクを掲載してあるのを発見しました。此のブログの左側にマリンテックに直結リンク出来る様にしています。リンクのマリンテックにクリックして見て下さい。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。