カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙突掃除

P1050298_.jpg ストーブの煙突は3年も掃除していない。毎年掃除を依頼する人も多いそうだが、結構費用も掛かるし、自分でやるには屋根に登って作業は危険も出て来る。其処で業者に依頼しました。
P1050300_.jpg P1050301_.jpg 屋根の上からの景色は又違った感じです。ソロソロ稲刈りが始まりそうです。デイゴの木の茂り具合も判りました。
P9300001_.jpg コンナに詰まって居ました。
P1050303_.jpg 重りの付いた金属ブラシを上下しながら掃除して居ました。
P1050304_.jpg ストーブの天板を外したら此処もコンナでした。作業時間は4時間半も掛かりました。慣れた人でもそうなんですから、自分でしたら。1日がかりでクタクタに成るでしょう。
スポンサーサイト

木栓

ホース嵌らない_昨日はバルブを取り付けただけで、ホースをセットする時間がなかった、今日も太極拳の練習が午前中だったので、昼からホースをセットしに行きました。でも一番大きなトイレの排水パイプはご覧の様に壁にホースが当たってねじ込めません!ホースをセットする前にアダプターをねじ込むと今度はホースが入りません!ヒートガンで加熱軟化しても無理でした。泣きたい気持ちです。古いホースが硬いからなのでしょうか?我が家に帰って杉の部材を大体のサイズに整えて夕食後にもう一度木栓セットに行きました。現場合わせです。
木栓_諦めて杉の木栓を作って差し込んでみました。(シールテープを巻いて)外す時の事を考えて横穴を開けてボルトを通しました。そうすればハンマーで叩いて外せます。此の状態で
木栓セット_ホースジョイントをねじ込みました。此れで明日の福岡行きの間も安心です。帰ったら新しいホースを買って再度挑戦です。でも電動便器の方を外したら、元に戻せるでしょうか?可也不安です。でも私には宮田さんと言う強い見方が居ます。何とか成るでしょう。此れを業者に依頼したらどう反応する事でしょう?!ホース取替えだけで幾ら請求するでしょうか?それとも断るかな?

マタマタ浸水事故

知多2世_ 又波多マリーナで浸水事故!!発見直後ポンプが準備出来るまでバケツで水汲みした別のオーナーの話に拠れば、天井まで50cmぐらいだったそうです。此の写真はポンプ作業が始まって、一段落してからなのですが、桟橋とデッキの高さが同じですね。
知多2世浸水_ トイレの取替えの為に撤去した後、排水ホースから漏れていなかったので、バルブが動かなく閉める事が出来ないまま帰宅したらしい。台風12号と前線の影響で、艇が揺れて、ホースから海水が入り始めたのでしょう?!ある程度海水が入ると、艇は沈みます。そしたら水位が又上がり、より簡単に浸水します。そしたら、後は勢い付いて大量の海水がホースから浸入する事は皆さん想像が付くでしょう?!
写真はビニールを詰め込み、棒を差し込んで応急処置した処です。毎月浸水事故発生です。
SANY0001_.jpgSANY0021_.jpgSANY0022_.jpg
其処で私の艇もバルブが不完全なので一刻も早く取り替えなきゃと感じ、ボールバルブを船具やに買いに行き、肥料袋を海水取り入れ口にあてて、水圧で穴塞ぎしてバルブ交換しようかと、思いましたが、もし数千円をケチって、取り返しの付かない事になったらと、思いとどまり、オーランドマリーナに電話して上架を依頼して、十五分の航行移動しました。
SANY0018_.jpg みんな今年は船底の付着物が多いとボヤイテ居ましたが、ご覧の通りでした。船底塗料の塗り方が違うのでしょう。
宮田さんも応援に駆けつけてくれました。帰宅後は19時からはNPO法人不知火スポーツクラブの夏祭り反省会で今日も一日疲れました明日も朝から太極拳です。毎日の様にショッチュウ同じメンバーとの顔合わせで、家族みたいです。

未だ未だ問題が見つかった。

シンク給水バルブ_ ヘッドのシンク排水バルブを閉めた積りだったが、レバーが馬鹿になっていたらしく、ヒール時にシンクから海水が噴き出て来ました。シンクのテーブルは帆走しながら掃除したのですが、
シャワールーム床下冠水_ 床下にも溢れて居たようです。ヒールして居る時は気付かなかったのですが、停泊している間に、低い処に海水は貯まって、スノコが浮き始めていました。物居れの中にも下に置いた物は濡れて居ました。本当に良いシェークダウンでした。
スズキ_ マリーナでは鱸が釣れていました。

も一つ問題が出た!

太極拳の大会出場の為のゼッケンのプリント皆で集まって、アイロンプリントして、
DSC03050_.jpg練習のビデオを検討しました。
昼食後波多でセーリングクラブの打ち合わせの為に行った。
其処で冷房装置が直ぐに止まった!ブレーカーが降りていた。もう一度入れたが、冷却水が出ていなかった。CA360004_.jpgストレーナーを外してコックを開けたら、ちゃんと海水は入ってきた。ならばストレーナーの掃除シリコングリスアップして、組み立てて、再始動エアー抜きをしたら、その後は正常に作動した。ストレーナーもさほど汚れて居なかったので、昨日のパンチングの時エアーを噛んだのかも知れません。何しろ自分で解決出来ました。隣のKさんが手伝ってくれたので、心強かったのです。
DSC03053_.jpg 裏の田んぼも彼岸花が綺麗でした。
DSC03046_.jpg 庭の白い彼岸花も芽を吹き出しました。白や黄色は少し時期が遅れる様です。

限界帆走

IMG_1061_.jpg チェーンさんと一緒だったので限界帆走に挑戦しました。ブルワークのあるEmitanの舷をコンナに海水が!
IMG_1048_.jpg IMG_1057_.jpg
二人とも傾いて操船です。でもアクシデントがも一つ
IMG_1049_.jpg IMG_1050_.jpg メインセールのリーチ調整ロープが切れて居るのを発見!此れは無理してセーリングが原因では無さそうだ!八代海ではオール帆走だったので、帰港は18時過ぎて仕舞いました。

長崎に行けなかった

長崎行き失敗_
23日朝から長崎に向けて出港しました。ご覧の航跡の左端まで言った時スクリューに何かカラマッタ様子。機帆走して居たが、エンジンを使えなくなった!そのまま長崎までセーリングも考えたが入港が危険を伴うと思ったので、羊角湾に入ってアンカリングして対策しようと思ったけど、15メートル以上の向かい風でパンチングもひどかったので、牛深に戻って北風の当たらない処でアンカーを打ち潜る事にした。牛深の沖のゲス島のサツキ海水浴場の湾なら3方を囲まれて居て水域も広いので安全なのだ。途中でステアリングに抵抗もあった。ロープが舵にも絡まったのだと思った。
CA360004_800.jpg CA360006_800.jpg
錨を打って、潜って見たら何にも絡まって居なかった!舵板の上部に擦れた跡が在っただけでした。どうやらセーリングで走って居る内に、外れたようだ。でもステアリングの抵抗は未だ在った。何と!初めから設置して在ったオートパイロットが床に落ちて、コートランドとのコネクト部分が排水パイプに当たって居たのです。本体を固定してあったピンの上部には割りピンが在ったが、下部には差し込んで無かったのでハンドリングして居てオーパイに負担が掛かっていない時にパンチングでピンが飛び出したらしい。牛深市内の桟橋に戻って、装置の取り外しに悪戦苦闘しました。何せ狭い場所なのです。この春にもう一つオーパイを増設して居たので、その後に不自由はしませんでした。人のした仕事は何でも点検すべきですね!長崎で食べるはづだった、チャンポンは牛深の馴染みの中華料理店で食べました。

牛深に来たよ!

波多マリーナから牛深 今日はチェーンさんと牛深に来ました。
IMG_1031_800.jpg 以前私が持って居たヤマハ22DXに追加してST21が増えて居ました。海洋少年団の福岡さんが成合津から貰って来たらしい。
DSC03043_800.jpg 以前お世話になって居た鬼塚先生の体調が悪いと聞いて居たので
お見舞いがてら様子見に行ったら、想像して居たよりお元気で安心しました。
IMG_1033_800.jpg 今日は中秋の名月だ!

転落事故

DSC03030_.jpg 波多マリーナの宮田さんが変わった船外機のゴムボートで来艇中国製の芝刈り機改造の船外機2万五千円ぐらいだったかな?ハウジング無しです。1.5馬力です。試運転でやって来ました。
昼ごはんを天草まで食べに行った帰り、の事です。
DSC03035_.jpg 交通渋滞していました。連休にしてはオカシイ?コーストガードが目に付きました。暫く行くと今度はDSC03036_.jpg DSC03037_.jpg
車ががけ下にダイブしていました。警察車両:救急車巡視艇大騒ぎです。反対車線からハンドル操作を誤って丁度空いている処から飛び込んだようです。乗員はどうなったのか?

我が家の芙蓉類

DSC03019_.jpg 庭のバナナが生い茂り隣の家が見えなく成りました。
DSC03020_.jpg DSC03022_.jpg
多分アメリカ芙蓉でしょう?!
DSC03024_.jpg DSC03025_.jpg
此れもアメリカ芙蓉
DSC03026_.jpg DSC03027_.jpg
此方はハイビスカス
DSC03023_.jpg DSC03040_.jpg

紅葉葵も芙蓉の仲間。 そしてムクゲ あっ毛虫!

昔は私も歯科医院経営していました。

今日のヤフーのホームページで紹介してあった。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100825-00000001-president-bus_all
私は歯科医院経営の絶頂期に人に医院を売って家賃業に転換したが、続けて居たらノイローゼに成ったか。自転車操業でリタイヤする機会を逃したか、夜逃げする羽目に成ったかも?時代の移り変わりとは怖いものです!

ドラゴンフルーツ

DSC02977_.jpg DSC02979_.jpg 
今年もドラゴンフルーツが成りました!も少し濃い色になってから食べられるのかな?去年はひび割れ始めて慌てて収穫しました。裏庭で水もやって居なかったのに流石サボテン科!!
DSC02976_.jpg カマキリ虫の色も秋めいてきたようです。お尻のほうが色付いて居るみたい!?
DSC02968_.jpg 今年の日照はひどかったので、パール柑が日焼けし始めたので保護テープを張りました。でも此れは数週間前の写真です。あまりに書く事が多かったので、アップし損なって居たのです。

未知の路&彼岸花

彼岸花咲いた_チャンと彼岸花は咲きました!
DSC02969_.jpg 紅葉葵も向日葵も元気です。あっ!どちらも葵(アオイ)なんですね!
DSC02975_.jpg 夕食の後通った事の無い道が在ったので迷い道してみました。町の中心から数分で、我が家からも10分ぐらいで、其処は在りました。高台と言うか丘の上は牧場でした。コンナ近い場所に高原の牧場が在るなんて、良い処だなーと思いました。

我が家の自然湧水

湧水注入_ 我が家の自作の川には自然湧水が流れ込んで居ます。黒いパイプがそうです。
この水源は我が家の斜め前のお宅では自噴している井戸が在る。
水源溢れ水_ この様に常時溢れて用水に流れ出て居ます。
水源_ 此れはその直ぐ傍で新たに掘ったポンプアップの為の井戸を掘ったら、又溢れて居ました。(そのお宅で炊事やお風呂に注水する時以外は)其処でお願いしておこぼれ頂戴を申し出たら。快諾して下さったのです。そのお宅は道から50cm以上高い場所なので安心してパイプのバイパスを作り、自宅の庭まで数十メートルパイピングしたのですが、一番上の写真の処からは水は出て来ませんでした。何と我が家より道路が低く成っていたので、実質的に我が家の敷地とそのお宅とは同じ高さだったので、流れ込んで来なかったのです。大作業して、費用を掛けて仕上げたのに。目算違いでした。
でも私はシツコイ性格です。自噴力が強ければ、1メートルぐらいなら押し上げる水圧が在るだろう!
そうです。水は高い処から低い処に流れるはづです。其処で私が立てた対策は噴出している井戸のパイプを1メートル数十センチ延長してみたのです。そして待ちました。その結果が最初の写真です。もうこの装置を作ってから5年以上経って居るのでもう大丈夫でしょう。勿論そのお宅が炊事の時は断水します。でも一日の90㌫は流れて来ています。だから我が家の川は新鮮な湧水が流れ込んでいるのです。これぞ努力の結果です。

インド料理で昼食&彼岸花

DSC02929_.jpg 太極拳の練習の後、近くのインド料理の店に行きました。暑気払いの積りです。彼女は大きなナンを食べ切れなかった!
DSC02925_.jpg DSC02931_.jpg
私の料理はモット豪勢です。しかし又もや食べるのに夢中で写真撮影に気付いた時はこんな状態空っぽでした。
DSC02932_.jpg この店(SANJI)は全国で4店舗だそうだ。
DSC02940_.jpg 彼岸花!コンナに猛暑なのに、彼岸が近付くとチャンと咲き始めたのです。考えられる事は日照時間が起因しているのでは無いでしょうか?

長崎から旧友がマリーナに

DSC02921_.jpg
電源工事の為にホームセンターに買い物に行った帰りに電話が!彼は20年ほど前に単独日本一周で舵誌にも紹介された人で、16年前に我々が糸満滞在中に小笠原から今着いたと真冬に凍えながら入港して来たのが最初の出会いでした。その後九十九島(九州でクジュウクシマと呼ぶ)の鹿子前のマリーナでチャーターヨットをして居たが、昨年リタイヤして元やっていた造船の仕事の指導で復職。そう本業を早期リタイヤーしてヨットライフを満喫して又復職した。ナント自由な御仁である。今日は波多マリーナの近くの造船所との連携作業の事で会議に来られた様です。他の役員の方と一緒だったので、数分話して帰られた。70代で未だ張り切って居る。凄い!

フィッシャリーナのレストランで昼食

http://f-amakusa.jp/天草フィッシャリーナの中でヨット仲間がレストランをオープンした。その名も カフェ「南のかおり」土日だけの開店だ、他の日は早期退職して始めた農園の仕事が在るのだ。
DSC02914_.jpg DSC02911_.jpg
素人が始めたのだろうからレトルトみたいなものと思っていたが、中々本格的な料理であった。素材も自家製が殆どなのだ!凄い!!
DSC02912_.jpg DSC02913_.jpg
奥様もご覧の様に可愛らしい!人生を楽しんで居られるのが判る。メインの食事は慌てて食べたので、デザートだけ、で御免なさい!ブルーベリーを栽培なさっているのでアイスクリームのソースはブルーベリーなのだ!
DSC02916_.jpg外には関西から立ち寄ったヤマハ45Fのヨットが居た。聞いた事も無いと思う人も居られるでしょうが、2~3艇注文生産しているのです。志摩ヨットクラブでお逢いした様な?

大潮追伸

DSC02881_.jpgDSC02882_.jpg今日も果樹園の草刈の後マリーナに行きました。ご覧の通り海水が広がっていました。水深は彼が持っている、ほうきの柄の濡れた処14cmでした。
DSC02884_.jpgDSC02883_.jpgDSC02889_.jpgDSC02885_.jpgDSC02908_.jpg
岸壁までは20cmぐらい余裕が在るのに、駐車場は水深14cmなのです。同じ長さのポールが干満の差でこんなに差が在るのです。一部でもポール延長工事が出来た事に安心です。
DSC02895_.jpgDSC02893_.jpgテレビアンテナのポールの土台の周りも沈下が判るでしょう。

本日は大潮

DSC02873_.jpg
本日は大潮で、朝から排水溝から海水が逆流して、駐車場が海水の池状態に成ったそうです。
DSC02862_.jpg 此れがその名残です。何故この様な事が起こったかと言うと、岸壁は完璧に仕上げて在るが、駐車場は埋め立て間も無く舗装工事をしたので、地盤沈下したのです。どちらにしても岸壁もギリギリだったそうです。
DSC02870_.jpg干潮では不法係留のヨットも此の有様です。
DSC02860_.jpgマリーナ近くの果樹園に咲いていた雑草の花を移植していたのがヤット咲きました。

完成度の高いランプ発見!

DSC02853_.jpg 船具リサイクルショップで完成度の高いランプを見つけました。両側のは右側はランプのケースです。左はランプ専用の白灯油で蚊を寄せ付けない匂いがするそうです。此れはアウトドアーショップで買いました。
http://www.dt-sys.com/lamp/lamp.html
DSC02843_.jpg 全体像です。自転車用固定装置もオプションで有るそうです。坑道でも使えるそうです。船舶でも雨風の中で使えるそうです。
DSC02842_.jpgカバーを外した本体です。灯心は3個あり、細い芯を横に3個並べて炎の幅を広く考えて在ります。底部はマッチ収納出来ます。
DSC02839_.jpg昔のマッチが入る様に成っています。
DSC02856_.jpg DSC02858_.jpgダイヤランプ_
説明書を読んで下さい。そして発売元の会社は現存していました。

住所番号表示

DSC02850_.jpg
私は戦後の進駐軍の文化を憧れて育った、アメリカかぶれの世代である。アメリカの法律で住居番号を建物に表示する様に義務付けされて居る事を真似しました。真鍮の数字を貼り付けるのが夢でした。其処で7月31日に亡くなったハワイ在住の従弟に頼んで送って貰ったのだが、思わぬ誤算で、黄色の壁に真鍮では目立たぬ処か殆ど識別出来ない状態でした。仕方が無いのでもう一度相談したら、チャンと考えて頼みなさいと叱られました。黒ならプラスチックだから格安で入手出来たのだそうです。もう一度お願いします!と謝って、送って貰ったのが、此れです。良く建築年ですか?と聞かれる。先日は郵便局の人に迄聞かれた。其処で貴方方の為の表示番号ですよ!と言ったら、慌てて居られました、アッハハハ!
駐車場の呼び出しで車ナンバーを言われる事が在るが憶えて居なくて他所事の様な顔をして居た事が、何度か有った。それではと言う事で久々に新車を買った(3年半前)ので、同じ番号にして貰いました。此れなら忘れる事は無いでしょう。軽トラもダイハツのジャンボを欲しかったので、その時はと、思っていたが、折からの不況で、Emitanビルの経営も不安定であるので、買いなおしは諦めているのです。5年物を買って今6年で12万キロです。何も問題は在りませんが、買い物した時の置き場所や常備したい物の置き場所確保の為に運転席後部にスペースの有るジャンボが望みなのですが、皆さん 四苦八苦しているご時勢です。贅沢です。写真をクリックするとも一つの1893が現れて来ます。

太極拳練習

練習風景
太極拳の練習風景は自分が出て居るので、撮影は不可能でした。
今日は3時間の練習の間ビデオを廻して居たので、出来たDVDをスティルショットして、BMP.をJpeg.に変換して紹介出来ました。デジタルビデオをデジタルコピーするのには、撮影時間の2倍以上の時間が掛かります。何故でしょう?ですからパソコンでDVDコピーしたら、一日の4分の一以上のパソコン占有になります。だから、ビデオカメラ専用のDVDライティング装置を使います。しかしその装置にはディスクの取り出しのボタン以外は何もボタンやスイッチが在りません。全てUSBで接続されたビデオカメラでコントロールするのです。画質は格段と良くなったのですが、編集もパソコン無しでは出来ません!アナログ時代が懐かしいです。モット容易にディスクコピーや編集が出来る様に成る事を期待します。

ケムンパ

DSC02815_.jpg枇杷の木の下にこんな粒粒が沢山落ちていました。
DSC02809_.jpg 良く見ると、葉っぱに毛虫が居ました。
DSC02811_.jpg 他の葉っぱを見たら、こんなのが在りました。
DSC02814_.jpg ピンセットで集めたら、こんなに在りました。
DSC02816_.jpg DSC02817_.jpg
仕方が無いので殺虫剤を散布したら、又こんなに落ちていました。多分木の幹を蹴飛ばせば、モット沢山落ちてくるでしょう!でも学生時代下宿の木を蹴飛ばしたら、無数の毛虫が落ちて来て、病院に行く羽目になった事が在ります。だから止めました。その時は一週間顔が腫れたのです。
DSC02819_.jpg 一作業の後にヨットに行ったら、マタマタこんなに収穫出来ました。収穫祭をしなくっちゃ!イエーイ!

痛い!毛虫?

DSC02789_.jpg
此の毛虫に触れると可也痛いチックッと感じたらもうお仕舞い数日間痛痒い!ブルーベリーの木に良く居るのだが、梅の木で発見!体長15mmで気付かないで刺されて驚くのです。此れも何の幼虫やら。
写真をクリックして全体像を見て下さい。http://www.afftis.or.jp/konchu/kemushi/aoiraga.html 違うかな?

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。