カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフラフト ホルダー 製作途中経過

DSC08947_.jpg左がタルクの袋です。右がガラス繊維のクロスです。今回の材料で思い切って大量購入した物です。他は今迄入手していた小分けですが、クロスは船具屋が250mm幅にカットした物が売れ残って居るので、1万5千以上を半額で良いから処分に協力してくれないかと相談されたので、多分3分の1ぐらいは直ぐに使うだろうし、その分ガラスマットが少なくて済むだろう、此の間買った未開封のマットを返品しないから、タルク3800円とクロス7800円両方マトメテ買うので、1万円でどうか?と持ちかけた。計算していて、10500円なら・・・と言われOkeyして支払おうとしたら、小銭は百円硬貨3枚と十円硬貨数枚だった。それを見せたら、ジャー10300円で良いよ!と言われた。十円硬貨も全部渡そうとしたら、収めて下さい!と言うので、結局10300円でタルク一俵クロス60mを契約完了!クロスもタルクも使い切れないだろうけど、材料不足で作業中断発生より良いか!此れだけ安く買えば半分しか使わなくても、金銭的には無駄に成らない!
DSC08989_.jpg船舶修理屋の廃材?材料?置き場で厚みの有るFRP板を千円で譲って貰って来ました。表面をサンディングして両面にレジンを含侵させたクロスを張りました。此れはステンレスアングルの上にライフラフトのホルダーを固定する為の基盤です。追々姿を紹介して行きます。
DSC08991_.jpg 少し湾曲していたので、窪みにレジン液で練ったタルクパテを乗せ,分離材代わりに張ったマスキングテープの上に裏返して乗せ、重石を掛けました。此れで窪みがタルクで埋まり、平らになるはづです。異常低温の冬だから、硬化まで一日置きます。夏なら2時間で済みます。
スポンサーサイト

日曜日の朝から

DSC08997_.jpg何時もの日曜日の朝錬!数ヶ月前から新人(前列)も加わって此の寒さにめげづ、頑張って居ます。
DSC08994_.jpg ベテラン(未だ入門太極拳だけしか合格していないのだが、)二月末の初級試験に向けて励んで居ます。私は撮影したので写っていません。勝間田先生の指導です。そして先生にお願いしました。
DSC08999_.jpg 耕作放棄畑に自生して大きくなって仕舞った、雑木の伐採のお手伝いをお願いしたのです。撮影する時真ん中の木が気になって居たので、大事な大物の写真が右端に成っていました。
DSC09004_.jpg 大騒動して、ロープで引っ張って、電線に倒れ掛からない様に3時間ぐらい掛けて切り倒したのですが、殆ど変り映えしませんでしたね。一人では絶対不可能な作業でした。お世話に成りました。でも此れだけでは2か月分ぐらいかな?
DSC09008_.jpg デモね!此の写真の手前だけで無くおくの方も見て下さい!多分軽トラで4往復でも運びきれない程切ったのですよ。此の写真は勝間田先生が帰られた後にもう一度一人で行って薪サイズに切って、下の広場に集めた物です。此れも2時間ぐらい掛かりました。それから帰宅後ストーブ用の薪(1年以上乾燥させた倉庫保存)をバルコニーに運びました。
そうだ!午前中はライフラフトホルダー製作をしていたのでした。矢張り疲れました。続きは続きを読むをクリックして下さい!

続きを読む »

子宮体癌

http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/corpus_uteri.html#prg1
友達が本日:子宮体癌の手術をしました。転移も無く無事終了!朝8時に手術室に入り16時半に病室に戻ってきました。気管送管の後が痛いと言ううぐらいの愚痴で済んで良かったです。目が覚めたら、アスレティックジムで運動していた夢を見ていたそうです。明日から起き上がって良いそうです。飲み物も明日まで待てと言う事・・

コンナの見つけました!

ハイラックスサーフ_
多分ハイラックスサーフだと思うけど、サイドラインのロゴマークはヨットの絵が入っていました。純正なのでしょうか?ヨット好きには気に成るラインでした。

ストーブ続編

DSC08974_.jpg 朝から起きた時の状態です。
DSC08975_.jpg 手製の火掻き棒(鉄筋と鉄帯の切れ端と金槌の柄で作りました。後で写真撮って見ますね。
DSC08977_.jpg 火掻き後1分ぐらいでこの様に赤熱します。ダンパーは上げた状態です。で無いと、煙が逆流します。
DSC08979_.jpg その後この様に薪をくべます。直径25cmまで入ります。
DSC08980_.jpg 下の扉を開けて灰を金属ペールに入れて居る間此の様に扉を開けたままで火の回りを加勢します。一寸写真を撮りに行きますね。

続きを読む »

煙突の煙

DSC08958_.jpg 煙突の煙いかにも煙突と言った感じです。しかしこれは正常では無いのです。
DSC08960_.jpg 此れが正常なのです。ダッチウエストのストーブhttp://www.dutchwest.co.jp/は触媒を通して煙が出るので殆ど煙は出ません!上の写真はダンパーを上げて触媒を通さない状態です。薪をくべた直後は火の回りが良い様にダンパーを上げます。
DSC08962_.jpg この様に良く見てもこのくらいです。値段も高かったけど、性能も高かったです。夜寝る時薪をくべると朝まで持ちます。今回初めて灯油の値段を友達から聞いてビックリしました。高く成っていたのですね。軽油の値段かと思いました。
DSC08971_.jpg この様に炎も殆ど上がらず、蒸し焼き状態なのです。(吸気口を最大限閉めた状態)空気を取り入れれば、炎も上がり、直ぐに薪も減ります。熊本では閉めた状態で十分です。

トラック横転&ニス仕上がり

DSC08953_.jpg 近くでくず鉄などを運搬する大型トラックが横転していました。
DSC08952_.jpg 此の縁石にぶつかって、反動でひっくり返ったのでしょうか?!怖いですね。
正面に見えるのは後60日で開通する、新幹線の高架です。私は見たこと無いけど家内は何度か試験運行を見たそうです。
DSC08954_.jpg Emitanのニス塗り終了しました。(6回塗り)と言ってもブルワークだけです。未だハンドレールやコクピットも補修します。とりあえず一安心です。後はスタンションを立て直してライフラインを張りなおしです。

ショウビタキ

DSC08942_.jpg aaa.jpg
庭の川の藻の表面にヌルットした苔みたいな鶯色の物体がカバーリングしていて汚い感じでした。今のうちに掃除をしとかないと、掃除が大仕事に成るように思えたので金属製の松葉かきで出来るだけ除去して、川底の砂利を高圧水銃で洗浄し掃除をしたら、写真の様なショウビタキがやって来て逃げません!多分藻に絡んでいた海老や小魚やヤゴ等のおこぼれを狙っていたのでしょう!?
http://www2s.biglobe.ne.jp/~yasuu/jpg/bird/page_thumb24.html
DSC08940_.jpg 此の冬の薪だと予想してストックしていた在庫が後此れだけに成って仕舞いました。三日分でしょうか?例年なら四日分は十分なのですが、今年は極寒の連続と触媒の劣化が原因でしょう?!触媒は寿命が来て居るので交換を進められたけど、Emitanビルの家賃等不安要素が在ったので、辛抱したのです。まあ触媒の働きが鈍いだけに早く燃焼して仕舞う様です。

勝間田先生と一日

DSC08937_.jpg DSC08938_.jpg
朝から勝間田先生から電話で私の感化でブログを始めたが、カウンターが表示出来ないのでどうしたら良いかと相談が在った。私も2年前にやったので忘れたけど、何とか成るでしょうから、お出でくださいと言ったので9時から一緒に取り掛かったけど、何か思う様にいかなかったので1時間半ぐらいしてから、ニス塗りとパール柑収穫に三角に行く用事があるので、気分転換も兼ねて一緒に行きました。私がニス塗りをして居る間に彼はパール柑の収穫して貰い、一緒に何時もの停車場食堂に行き、食後のコーヒーはEmitanで一緒して、又パール柑の剪定をして帰り、又パソコンのカウンターに取り掛かったら、今度はすんなり!・・・・・矢張り気分転換は大切ですね。

樫の木続き

DSC08935_.jpg 矢張り針金は其処だけでした!番線と言われる鉄の針金でした。でもチェーンソーの刃は3千円台高くても4千円ですが、製材所の商売道具は何万円もするし、取替えも大変です。
DSC08936_.jpg 此方は電線です。此れは少なくともチェーンソーの刃には影響無く、簡単に切断出来ます。これは初めから判っていた物ですが、番線は製材所の人が見つけました。矢張り彼らは真剣です。良く見つけたものです。
DSC08934_.jpg 火曜日は太極拳練習です。応援指導に来て下さっている、勝間田先生がブログを見て樫の木で椅子を作ってみたい!と申し出られたので、薪造りの合間にチェーンソーで頑張って居られました。最近チェーンソーを初めたので、楽しそうでした。そして出来た薪を倉庫の棚の上に収納するのを手伝って下さったので助かりました。
一人で下なら、一度中間の高さまで上げてそれから又体制を立て直して、上に上げる訳ですが、可也大変です。今回はしたから、差し上げて下さり、その勢いをそのまま利用して、上に上げるので、楽だし、速さが3倍以上でした。本当に助かりました。あの丸太は90パーセント巻きに仕上げ、収納出来ました。後は一人でも1時間ぐらいで終るでしょう。それに驚いた事に収納し切れないと思っていた収納スペースは未だ余裕が在りました。勝間田先生が、此れだけ在れば、何年分か在るでしょう!?と仰ったけど、答えは 今年は此の棚の分だけで今月分しか無いのですよ、彼は驚いて居ました。私も3年分のストックだと思っていましたが、どうやら2年分しか無い様です。薪造りも後何年出来るでしょう?

訪問者が70人超した。

kaunnta-.jpg
凄い!一日の来訪者が70人越えました。カーソルを両サイドの羊の間に持って行くと来訪者の数がグラフで見られます。謝謝です。それにしても寒いです。

樫の木お役に立てなかった

DSC08924_.jpg DSC08926_.jpg
前回紹介した樫の木ですが、大工さんに役立てて頂けると思っていましたが、ご覧の様に針金そして次は電線が埋入して居るので製材所から断られたそうです。数万円もする鋸の刃が一発で使えなくなるからです。だから薪として処分して下さいと言うコメントでしたので、
DSC08930_.jpg 薪に良いサイズに切り込みを入れた処で日没になりましたが、多分もう一本新しいチェーンを買う必要が在るだろう?!此のサイズだと油圧薪割り機にも掛からないので、チェーンソーで縦割りも必要だろう。此れを処分したら、もう保管場所はイッパイに成るでしょう?!と言うかもう既に収まらないかも?半分は大工さんに上げる積りで計算して居たからです。まあ何とか成るでしょう!今年は例年より消費が激しいので此の冬分に予定して居た薪は今月イッパイで使い尽くす事に成りそうです。

今日は寒かった!凍りついていました!

DSC08916_.jpg 滝氷_
朝起きたらルルドならぬメイドの滝の飛沫が凍って居ました。
DSC08920_.jpg マーライオンの吐出水も凍って居ました。芝生も一面真っ白でした。寒かった!
DSC08922_.jpg 昼から又貧乏クラブの仲間が遊びに来たので、スパイスで昼食後何時もの散歩路を一緒に付き合って貰い、タイマーを掛けた積りが失敗して、私は写って居なかった。その後は温泉に!http://www.kohyamaresort.com/そして夕食
あっその前に朝からお向かいさんが庭の木を伐採して持ち込まれたので、それを薪サイズにリカットして倉庫に収めました。
DSC08914_.jpg DSC08921_.jpg 術前術後の風景です。石垣を作って駐車場を拡大するそうです。
それとFRPの作業を一寸。

ライフラフトホルダー作成開始

コンテナフォルダー作成_ P1020158_.jpg

ライフラフトをフォアーデッキに横置きで固定して居ましたが、リョウビのポリエチレンテンダーを1万円で譲りうけてフォアデッキに乗せ、ライフラフトに被せようとしたら、収まらなかった!縦置きにすればOkey!
でも今度は固定が大変です。ステンレス加工は自分では出来ないし、頼むにしても良いアイデアが浮かばなかったのでFRPで対処する事にしました。先ずコンテナにガムテープでダンボールを貼り付けて干渉空隙の作成!そして分離材を兼ねて、ガムテープでコーティング!その上からFRPを2層 積層して変形させて外せる状態の内に離型しました。今後は数週間掛けて仕上げて行くつもりです。此処までが緊張でしたが、今後は淡々と作業を進めて行くだけです。 寒かった!

色違い修正

DSC08908_.jpg
少しは似て来たかな?

ブルワークのニス

パテは色違い_

ブルワークのチーク部ニス。一昨年傷付けた処をニス塗りで修復を試みたが、どうしても其処だけ色が違った。其処でそれを解決するには全部剥がして、塗りなおすしか無い!と思い込み、一寸だけ取り掛かったが、後悔又後悔何と大変な作業を始めて仕舞ったものでした。それでも始めたからには引くに引けない!泣きながら二月掛けて剥がし終え、エグレタ部分はエポキシのパテで補修してアクリル絵の具で色合わせして、イザニスを塗ったら、何とチーク部はニスで色が濃くなったが、パテの部分は変らなかったのです。仕方が無い!明日その部分だけ剥がして、変色を予想して着色し直します。ああ拘ると大変だ!

ドンドヤ&パール柑収穫

DSC08892_.jpg DSC08894_.jpg
朝から鴨篭部落のドンドヤでした。餅を持ち寄ったり、サツマイモを持って来たり、豚汁も振る舞い等触れ合いのひと時でしたが、昼からは波多マリーナ近くの畑にパール柑収! 
DSC08897_.jpg DSC08900_.jpg
穫義姉さんの子供夫婦と孫達が参加予定でしたが、昨日予定して居たが小雨で寒かったので孫達が風邪惹くといけないと言う事で今日になったら、甥は仕事で参加出来なくなって、女性だけの参加に成りました。収穫が終ったらEmitanでくつろぎながら収穫したパール柑の試食でした。帰る途中軽トラの助手咳に乗った孫がオシッコしたい!コンビにまでもちそうに無かったので、わき道に入って、用足ししようとしたが、沢山着たズボンにオシッコが掛かりそうな状況なので、後ろから体を支えて、洋式便器に腰掛けた様な姿勢をとらせて無事終了!ああ緊張した。

スプライス勉強会の勉強会

DSC08888_.jpg 波多セーリングクラブの行事でスプライスの勉強会をする事に成ったが、幹事役員もダブルブレードはやった事が無い!マリンテックからセットとビデオを入手して貰い、事前予行演習です。細いシートだったので大変でした。と言うかやって見て解ったのです。本番では大きめの新しい物を用意します。
DSC08887_.jpg 監督指導をお願いした、鋤崎会員 彼はネットで情報を得て、経験して居るからです。
DSC08889_.jpg 最後はシゴイテ仕上げます。
DSC08890_.jpg 四苦八苦何とか仕上げた柴田幹事です。私は参考用のDVDの操作係りでした。それとぜんざい提供。
DSC08891_.jpg終ると綺麗な夕焼けでした。

ソーラー換気扇

DSC08645_.jpg 5年前に中古を買った時からソーラーベンチュレーターの回りが不調だった。手で回転を手伝ってやると、廻りだすが、自力では偶にしか廻らなかった。しかし穴のサイズ等未知な物が在り4年が過ぎてしまったが、昨年の猛暑を経験した時、矢張り自動換気が必要だと思い、一念発起サイズを測り、合う物を各方面に探して貰ったが、ぴったりした物が見当たらなかったのです。似たサイズを取り寄せてイザ工事!
DSC08644_.jpg DSC08643_.jpg
矢張り違っていた。最近の製品は性能が良くなったのか、口径が小さく成っていた。仕方が無いので例のオストロンでアダプター作成。
DSC08646_.jpg エポキシ接着剤でデッキと接着するにアタリ、接着剤がキャビンに落ちない様にガムテープで目張り
DSC08648_.jpgして口径修正しました。
DSC08647_.jpg 修正用リングは2mmぐらい下げてセットし、其処にFRP樹脂を流し込み、
DSC08651_.jpg 固まったらサンディング
DSC08654_.jpg DSC08677_.jpg
ぴたり収まりました。
DSC08655_.jpg カバーの収まりが悪い!説明書にはチークリングをカバーの上に貼り付けると書いてあったが、調整がヤヤコシイ!収まるようにするには段差をエグラなけねば成らない!
DSC08884_.jpg 試行錯誤した末チークリングを宛がって見たらぴったり!其処でチークリングに両面テープを張り工事終了として仕舞いました。まあ良いかな?! チークリングは振り回しの穴あけ器(コンパスの様な物)で切り抜き寸前まで切って外側を切り落とし、中はカッターナイフで切り抜きました。と言うのは振り回しのカッターは怖いのです、暴れて指を無くす恐怖が在ったから最後は迄切り抜く勇気が在りませんでした。トリマーで外形飾り付け、てニス塗り、只内装は艶消しニスにすべき処うっかり艶ありを塗って仕舞ったのを後で気付きあああーーまあ良いか!

現在の庭

DSC08868_.jpg アメリカ芙蓉の蕾が開かないまま、一月経過しました。でも葉っぱが全部落ちても枯れもしません、落ちません!
DSC08873_.jpg DSC08878_.jpg
蒲の穂が枯れて居ます。このまま放置すると、春に新芽が出た時ハイブリッドになって除去し難くなるので、今の内に刈り取りました。鎌で刈ろうとしましたが、切れません!簡単に研いで見たけど、矢張り駄目!仕方が無いので、エンジン式刈払い機で作業しました。昔の人は大変だったのだなー・・・子供の頃サラブレットを親父が飼っていたので、草刈は得意だったのですが、蒲は切り難かったです。
DSC08879_.jpg 地湧金蓮(http://www.crimson-systems.com/kusa2.htm)も此の有様ですが、春には又回復します。
DSC08877_.jpg数メートルになったアメリカ芙蓉も枯れた様な雰囲気ですが枝の大きい処は生き残って来春に新芽が出て来ます。その時枯れた部分を切り取ります。
DSC08875_.jpg DSC08876_.jpg 枇杷の木は花がイッパイです。半年掛けて食べ頃に成るのです。
DSC08870_.jpg パール柑の実がショッチュウ落果します。完熟だからでは無いと思います。でも食べてもマアマアです。処がです。
DSC08871_.jpg 4年目を迎えた若木は此の様に実の大きさも大きいし、全然落ちません!前述のは叔父さんが数十年前に甘夏蜜柑の台木にパール柑の枝を接木した物です。要するに老木なのです。矢張り生命力が違いますね。

元旦は雪の初詣

DSC08786_.jpg DSC08791_.jpg DSC08794_.jpgDSC08799_.jpg 元旦の朝はおせち料理を食べて近くの温泉神社に初詣でです。雪の坂道を通って運動不足解消です。二日は出水の武家屋敷見物をしました。思わぬ雪正月でした。
やっと大凶から抜け出せるかな?此の二年間大変な期間でした。

正月は湯の鶴温泉

DSC08722_.jpg大晦日我が家も雪景色になりました。貧乏クラブの仲間が迎えに来るのを待っていました。
DSC08727_.jpg 水俣の湯の鶴温泉で正月を迎えようと言う企画です。1泊1万円でご馳走年越し蕎麦そして温泉三昧おせち料理付きです。奥方達の炊事解放と湯治の積りでしたが、ご覧の様に雪景色になりました。
DSC08728_.jpg 左側が我々が泊まったキクヤ旅館です。
http://www.geocities.jp/meishi_99/spa_G/kumM_yunoturu_kikuya.htmDSC08743_.jpg DSC08759_.jpg DSC08762_.jpg
温泉も料理も素晴らしいお値段以上のレベルでした。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。