カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一過

DSC09298_.jpgDSC09299_.jpgDSC09300_.jpgDSC09301_.jpg
台風2号は熊本をそれました。でも今日もまだ吹き返しが朝まで吹いて居ました。
植えて二ヶ月の花梨傾きました。植木鉢も倒れました子ではガジュマルの機です。大きく成り過ぎたので、もう温室で冬越しさせるのは苦痛です。地植えしたらどうなるだろう・・・・・多分だよねー!
ブラシツリーも茂り過ぎでしたが、折れた枝も在りました。いっその事、えいやっ!
DSC09305_.jpg コンナに枝落とししました。デモねー・・・
DSC09312_.jpg余りスリムに成った気がしませんね!?
DSC09307_.jpg防鳥ネットを張りました。アチコチ引っ掛かるので二人係で大騒動です。
DSC09313_.jpg DSC09314_.jpg DSC09315_.jpg
以前も紹介しましたが、脚立の収納方法です。苦肉の策で日頃邪魔に成りません。クリートは木で削って造りました。
オット忘れて居ました。倒れた花梨も起こして水締めして補強しましたよ。DSC09309_.jpg
スポンサーサイト

回航は済ませたが、予定どうり南のかおりで食事

DSC09284_.jpg天草フィッシャリーナに来ました。家内に29日に回航の時此処の南のかおりでランチを一緒に頂こうと約束していたのです。台風の都合で二日早く、即ち土日営業の南のかおりでは無い日だったので、雨の日曜日でしたが、約束のランチに行きました。朝から相談に見えていらした、ドラゴン師も誘ってです。
DSC09283_.jpg Emitanも台風の風を受けて居ましたが、上手い具合に舫われたロープでショックを受けず、落ち着いて居ました。
DSC09279_.jpg 食事の写真は慌てて頂いたので写真を忘れて居ました。だから特製デザートの写真だけです。
DSC09286_.jpg台風でお客さんも少なかったので、早めに店仕舞いをして頂き、自宅訪問をオネダリしました。
DSC09289_.jpg此れが自宅です。小学校先生の娘さんと3人暮らしです。
DSC09296_.jpg此の先左に曲がった所が自宅です。うみが直ぐ傍でした。
DSC09291_.jpg自宅はご主人の手造り作品で溢れて居ました。
DSC09292_.jpgキッチンカウンター前のご夫婦です。生活は此方で紹介して在ります。
http://www.kininaru-k.jp/2011/k-life/110526.html
DSC09295_.jpgお別れ前に記念撮影です。今日も一日楽しかった!
あっ!そうそう此の冬に見学に来られた、ストーブもチャンと装備完了していました。立派なものです。
DSC09293_.jpg
追伸昨日のランチの写真は此方で紹介して在りました。 
http://blogs.yahoo.co.jp/mzs1048

一日中雨でした!

DSC09271_.jpgDSC09272_.jpg
芝桜と金糸梅 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%90%E3%82%A4此れは昨日の写真です。今日は雨でしたので朝から美容院に行き、何時ものパーマかけをしました。昼からワークショップの掃除
正常作動_此れはフィッシャリーナで陸電接続後のAC切り替え装置の画像ですが、極性が正常になったので真ん中の赤ランプが点灯していません!理由はコンセントの形式が違うので手造りアダプターを利用しているので、極性が自由に変えられるから簡単に確認が出来ました。此れで極性が正しければ赤は点灯しない事が確認出来たので、ゆっくり配線し直せます。
明日も雨だね。

今の花第?弾

DSC09244_.jpg 孔雀シャボテンやっと咲き始めました。葉っぱは枯れかかって居る様に見えました。
DSC09247_.jpg DSC09251_.jpg
ハイビスカスも色々
DSC09254_.jpg ボトルブラシも満開です。
DSC09253_.jpg ほらコンナに咲き誇っています。
波多マリーナから電話が・・・工事の為にフッシャリーナに移動スル期限が明後日 日曜日だが、今日は雨も降っていないし、明日からは台風の影響もあって天候が悪くなるので、出来れば今日移動して下さい。と言う内容でした。丁度友達の奥さんのお父さんが亡くなられたので、県外から帰省していて、お父様もヨットに乗りたいと言いながら亡くなられたと言う事で、葬儀の明くる日の 本日ご家族で遺影をと一緒に乗船させてくれないか?と言う申し出でで急遽一人での回航が5人プラスお父様の遺影と総勢6人で賑やかに行きました。DSC09258_.jpgDSC09264_.jpg
天草フィッシャリーナに引越しした、Emitan
DSC09257_.jpg波多マリーナは何時もの消防救助訓練をしていました。
DSC09269_.jpg リメンバーも台風対策で桟橋から沖だしです。

携帯電話充電ステーション

DSC09236_.jpg私の携帯電話は防水仕様です。充電コネクターを開け閉めすれば防水性が損なわれ易くなります。
そこで充電ステーションを取り付けました。
DSC09230_.jpg電話機を装着した状態です。左側に12V充電コンセント(シガーソケット)を入れて居ます。此れが今回のアイデアなのです。
DSC09243_.jpg
フォルダーから外してDC12Vのシガーソケットに差し込みます。コードは巻き込み式です。此れで充電開始!
DSC09233_.jpg
フォルダーの底に穴を開けてプラグの先を差込み、安定させます。
DSC09235_.jpg此のフォルダーは此のサニーナのキャップを利用しました。此れで収納場所を探さなくて済みます。

燃料フィルター交換

DSC00204_.jpg DSC00205_.jpg
久しぶりの雨です。魔のカーブでスリップ事故が起きていました。私が不知火に引っ越す前にも私自信スピンして100度回転した所です。その時は下り坂のカーブでFF車のエンジンブレーキを掛けた時でした。良く考えたら、下り坂のカーブで前輪にエンジンブレーキが掛かれば、当然自動車の後部は外側に振れる事は当たり前ですよね。それから暫く走ったら又スリップ事故が起こって居ました。雨の日は注意しないとね。
 DSC00208_400.jpg DSC00213_.jpg
燃料フィルター交換しました。左が旧型で右が新型です。日本で良く普及している製品なので部品も入手し易いので安心です。発電機用のも交換しなきゃいけません!別の日にします。疲れました。

AC電源スイッチトラブル

AC_.jpg
AC電源切り替えスイッチ 左から2番目のスイッチです。
DSC00200_.jpg DSC00203_.jpg
陸電:発電機:インバーターのAC電源の切り替えスイッチですが、1年前に陸電の接点が不調で接触不良に成りました。ロータリー式なのですが、インバーターは滅多に使いません!以前使ったら、オートパイロットが暴走して仕舞いました。オーパイのコンパスの近くにバッテリーが在って急激な電流が磁気を発生して、コンパスの方位を狂わせたのです。だから航行中はインバーターを使えません。それに発電機が在るので、インバーターの必要は在りません。発電機を搭載していない今迄の感覚でインバーターを搭載して仕舞ったのです。と言う訳で、インバーターの接点を陸電用に使う事にしたのですが、今年になって又其処も接触不良が起こりました。今回クルージング中だったので、電線を直結してしのぎました。陸電のある時は陸電の線と室内電源と結線して発電機に頼る時は発電機の線と結線し直す、此れを度々行って居ました。50Aのスイッチはざらに在りません。30Aなら容易に入手出来るのですが・・・・・帰港してマリンテックの社長に相談したら、現在はブレーカー式を採用しているそうでした。そこで注文して本日取り替えを試みました。
DSC00195_.jpg此れがそうです。
DSC00191_.jpg今までの二つのスイッチ取り付け穴の上に付属の切り抜き用型紙を当てたら此の通りはみ出すところが出て仕舞ったのです。
DSC00194_.jpg 仕方がないので切れ端を足りない部分に合わせて加工してエポキシ接着剤を塗ってクランプで固定して硬化ごスイッチパネルをあてがい、錐でネジ穴を開けました。しかし一箇所は丁度その継ぎ目だったので、慎重を期してその部分は軽くネジを差し込んで他は完全固定しました。
AC2_.jpg 何とかセット終了!ACスイッチとインバーターのスイッチのスペースにキチット収まりました。此処までは工作ですが、此れからは結線です。苦手な電気です。英語の説明書と図を見ながら先ずは受電側の結線此れは単純でした。陸電も今までの私の知識で何とかなりました。問題は発電機からの結線です。多分赤線はホットラインだと思い接続したが
赤と黒でも110V赤と白でも110Vがテスターで表示されるのです。どうしたら良いの?其処へKの蔵さんがひょっこり現れて、片方は絶縁テープで塞いで、放置したらどうかとアドバイスしてくれた。何かしっくりしないがそうするしか無い!取り合えづ仕上げて終了!!後はリメンバー艇長かマリンテックの社長に相談して見よう!
燃料の油水分離器フィルターも届いているので此れも取り替えなきゃ成らない。地方では全てを気楽に任せて依頼できる業者はそうは居ない。自分の納得出来る基準は自分で仕上げるしか無い!お金も節約しなきゃ!又問題発生時はその方が自分で対処出来るので安全なのだ。

昨日の続き神戸の連中と幣立神宮 :通潤橋:高千穂峡:馬見原見物

幣立神宮  http://www.ajkj.jp/ajkj/kumamoto/soyo/kanko/heitatejingu/heitatejingu.html
DSC00160_.jpg
神戸から来たヨットの二人を九州のパワースポット幣立宮に案内しました。
DSC00161_.jpg 神宮の下の御手洗の池の傍にはイモリが住んでいました。久しぶりです。
DSC00148_.jpgDSC00150_.jpg
途中 霊台橋(れいたいきょう)http://www.yado.co.jp/hasi/kumamoto/midorik/reidai/reidai.htmや通潤橋http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/isibasi/tuujunkyo.htmlも見学
DSC00154_.jpg DSC00158_.jpg
母の旧姓は布田で大資産家だったそうです。通潤橋を造った人も布田 保之輔ひょっとしたご先祖様かも?祖父はヤスノスケさんの子孫と言われる人と交流があったそうな。
DSC00170_.jpg DSC00172_.jpg
その後 高千穂峡:馬見原にも行きました。
DSC00175_.jpgゲストバースには関西からのヨットが3艇来ています。昨年から居るしんふぉにー今回のアクトレスカノンデモねー波多マリーナ係留杭延長工事の為にメンバーのヨットはフィッシャリーナに疎開し始めたので、櫛の歯が抜けた様です。私も29日には移動します。

遠路:海路:訪問者

DSC00136_.jpg屋久島で出遭ったカノンのA艇長そして同行のアクトレスのN艇長揃って波多マリーナに其々のヨットで来訪!不知火温泉に案内して我が家を紹介して歓談の様子です。
DSC00138_.jpg 此れは数年前にフェニックスの蕾で作った○○ケース:蕾の時に中の花を抜き出して、乾燥させて作りました。本来の目的は花瓶だったのですが、乾燥により可也のダウンサイジングに成ったので。私のサイズに成って仕舞ったのです。
DSC00139_.jpg 近くのリメンバー艇長の作業場に行ったら、先日入手したFRP製小型艇をレストアしている最中でした。一緒に記念撮影!その後成会津ヨットハーバーに視察そして何時もの華紋でハイヤドンを食べました。矢張り美味しかった!!明日は・・・・・

aisa移動&庭の野苺

DSC00121_.jpg AISAと白狼が波多工事の為にフィッシャリーナに移動しました。
DSC00125_.jpgDSC00126_.jpg
ヨットの整備が終って自宅に帰り、バックヤードの柿の木の下草むしりの草の廃棄所にしていたら、ご覧の通り野苺が茂って居たので、草刈の前に収穫しました。明日の朝食フルーツは此れで決まり!

今日の花

DSC00114_.jpg ボトルブラシがホコリ始めました。
DSC00116_.jpg ドイツアザミも元気です。
DSC00117_.jpg薔薇はオレンジ色は綺麗ですが、白は目立ちません。白は白だけ隔離しないとその美しさが引き出せないようです。

絹ちゃん誕生会

DSC00104_.jpg絹ちゃん!恐れ多くも日本武術連盟熊本県こぶしの会の指導者(井村絹子先生)のお誕生お祝い食事会を練習後行いました。近くのスパイスです。
DSC00105_.jpg DSC00108_.jpg DSC00110_.jpg美人の先生が一段と輝いて居ました。
DSC00100_.jpg先生のスケジュールはぎっしり詰まっていて良く体力が続くものです。
DSC00111_.jpg途中で一人帰ったので、全員集合写真では在りません!

ロープリサイクル&ショートセーリング

DSC00087_.jpg 朝の散歩の時咲いていた我が家の花!此れも波多マリーナの桑山さんから頂いた苗です。名前を忘れたので聞こうっと!
DSC00088_.jpg以前係留していた桟橋の台風対策用ロープです。数年間海の中に在ったので、汚れて硬く成っていました。高圧洗浄機で洗いました。
DSC00094_.jpg巻きなおして裏側も掃除、結構時間が掛かりますが隠居の時間は収入に関係在りませんので、節約だけを考えて居れば良いのです。
DSC00092_.jpgついでに壁も洗浄!
DSC00095_.jpg掃除が一段落でリメンバー艇長と彼の同級生と波多に行きました。何時もの座礁艇です。も少し考えてアンカー打てば良いのに!潮が退くたびに傾きますが、今日は特に傾いたと言うよりは、倒れて居ました。
DSC00096_.jpg又蔵さんと一緒にショートセーリングに不知火海に出て見ました。DSC00097_.jpg
爽やかなセーリングでした4~5ノットで初めてのお友達も喜んで居られました。

溶接仲間

DSC00079_.jpg 昨日溶接の記事をアップして数分後リメンバー艇長から携帯メール!何と明日も溶接するのか?と言って来ました。アップ直後に彼は見てコメントして来たのです。そこで溶接は一応終ったけど、その続きの作業を明日する予定だと言ったら、では明日来ても良いか?と言う事だった。彼が自宅で溶接しようとしたら、ブレーカーが直ぐに落ちるのでいらいらして居た時だったそうだ。単層200Vの溶接機と書いたのに食い付いて来たのです。
彼の本日の作業様子です。
DSC00081_.jpg私も溶接の仕事が少し残っていたので鉄骨切断開始です。
DSC00085_.jpg DSC00086_.jpg
出来ました!座卓を天板にして物置棚が出来ました。作業所の整理整頓と掃除には片付けられる物の置き場所が必要なのです。片付けは一日では終らないので、お互いの作業が終った14時半からマリーナに遊びに行きました。私はBMWR100RTで彼はハイエースで・・・・波多にはKの蔵さんが来て居ました。ユトリの時間です。暑く無く寒くなく、幸せな時間が過ぎて行きました。

地湧金蓮と花々そして山鳩:溶接

DSC00056_.jpg

地湧金蓮http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tiyukinren_large.html が咲き始めそうです。冬は完全に枯れた様にして居ましたが、遅い春がやって来たようです。
DSC00055_.jpgアマリリスも咲きました。
DSC00060_.jpgパール柑の花も満開です。
DSC00061_.jpg山鳩が私が造った巣に居心地確認に来ました。カメラを構えたら、飛んで行って、其のまま帰って来ませんでした。
DSC00062_.jpg作業場の片付けには棚が要ります。棚受けを作成します。目の手術をしてから、初めての溶接に成ります。額縁等を造る時に直角を出す道具で鉄アングルを挟んで固定します。
DSC00063_.jpg此れは溶接用マスクです。昔のは溶接する場所を狙い定めて、マスク(面)を被り溶接を開始しましたが、面を被った時溶接場所を見失って失敗し易すかったのです。(特に素人では)此れはかすかな火花を太陽電池が感知して覗き窓を高度なサングラス状態に一変するシステムです。今は1万円ぐらいでホームセンターで売っていますが。此れは10年前出始めに鉄工所の友達から紹介受けて、手配して貰った物なので、5万円ぐらいしました。此れは溶接寸前まで目で確認出来ます。その直後真っ暗に成りますが、その時は火花は見えますので、何処を溶接しているか確認出来るのです。溶接で失明した人が沢山居ますが、面を被るのが面倒で火花を直視して網膜が焼けて失明するのです。此れだとその心配は在りません!でも手術以来積極的には溶接作業をしたく在りません。
DSC00064_.jpg久しぶりに単層200Vの溶接機を出して来ました。
DSC00065_.jpg久しぶりだけど何とか出来ました。
DSC00066_.jpg DSC00067_.jpg
凸凹をサンダーで削り取ります。続きは明日!

熊本県シルバースポーツ交流大会 太極拳連盟

DSC00005_.jpg年に一度の大会です。此れで二度目の参加 要するに、始めて丸二年 越した事に成るのです。
DSC09982_.jpg天気が良かった事と、スタッフ出動は皆より1時間程早いから、久しぶりにバイクで行きました。バッテリーも新品で安心です。
DSC00744_.jpg DSC09994_.jpg 今日は夫婦共々初級太極拳で出場レベルはマジメに一生懸命な家内とは違いますが、今の所同じクラスでの出場です。
DSC00015_.jpg 種目の最初のチームが表演を終了すると、その審査基準を5人の審査委員一同で相談して基準を決めます。その間出演者はこの様に又されます。嫌な待ち時間です。
DSC00029_.jpg集合演武は壮観です。60センチ司法の中で24式太極拳を演じなけねば成りません!24式を習い始めた我々は来年からの出演に成る事でしょう。此処までは順調ですが、これからはレベルが急に本格的に上がって行く事でしょう。広く浅くで過ごしてきた私にとっては大変です。
DSC00768_.jpg DSC00769_.jpg
入門太極拳は昨年から参加の我がこぶしの会メンバーでヨガの先生入賞しました。
家内も勿論初級太極拳で仲良し二人組揃って入賞です。井村先生の熱意は生徒のレベルを引き上げて居る様で、入賞者の大半が占めて居ます。良い先生に巡り合えて、幸せです。私も何時もより良い仕上がりでした。本番に強い様です。次の写真が井村先生が参加しているAチームの表演です。ビデオ撮影を頼まれましたし、当日音源担当者の一人が欠席したので、其れも担当(と言ってもプレ大会の時のKさんが全部把握しているので補助ですので様子を見ているだけでしたが)どちらにしても 設営 音源 ビデオ撮影 表演 と4つの仕事が担当でした。忙しかった!
PDVD_053_.jpgDSC00003_.jpg ドラゴン師は今日は審判員で無く、パソコンを使って集計掛です。

薪収納マジックが崩壊しそう!

DSC09972_.jpg大変です!今朝 倉庫を見たらコンテナがズレテ居るでは在りませんか!コンテナを縦に並べれば良かったのですが、以前並べて居たコンテナの内側を抜いただけだったので、中に落とし込んだ薪の重み圧力で傾いて来初めた様です。安易に計画変更したのが不味かったようです。此のまま地震が起きたら、横に置いてある耕運機が潰れて仕舞います。其処へチェーンさんから電話で今からマリーナに行くけど、落ち合わないか?と言う事でした。私も燃料タンクの掃除が終了したので、燃料を濾してタンクに戻す用事が在ったので、昼から行くと言って波多で逢い燃料濾しの手伝いして頂きました。130㍑の燃料です。一人では根が続きません!助かった!それからコンテナの倒れ掛かっているのも一緒に解決しよう!と言って下さり、我が家へ同行。私は中に入れた薪を取り出す事を想像していたら、何と彼はワイヤーで固定しよう!と言う。
DSC09977_.jpg DSC09976_.jpg
又丁度ライフラインを取り替えた物が仕舞い損なってダンボール箱のままになって居たので、チェックしたら何とピッタリ!!ライフラインだからターンバックルも付いている。でもも一つ強力なのも持ち合わせて居たので併用した。両端は又もや手持ちの番線で鉄骨に廻して作成。コンテナの角は古くなった皮手袋を挟んだ1ワイヤーだけでは応力が一点に掛かり易いので10年前にコンクリート工事の時使ったコンパネを引き出してあてがい、角材(此れも手持ちの)を縦に置いてワイヤー(ライフライン)をターンバックルで締め付けました。画像をクリックして確認して下さい。それにしても全ての資材はその場に存在したのです。凄い事ですし、タイミング良く電話が在ったのも、凄い事です。自分だけの発想ではコンナ事は思い付きません。来冬は此の薪から使い始めて、置き方を手直ししましょうッと!半年以上寝かせれば大丈夫でしょう。

ビックリ巨大ポピー

DSC09998_.jpg昨日撮影した状態です。
DSC00033_.jpg此れが今朝の開花状態ですが、写真では此の巨大ぶりは表現出来ません!
マリーナの桑山さんから苗を頂いた物が育ったのです。彼は花育てが上手です。お陰で楽しませて頂いて居ります。マリーナも年中花盛り流石花の島(戸馳島の住人)成せる技ですね。http://www.hanairo.org/5misumi.htmlDSC09965_.jpg
此れなら判るかな?

庭の花々

J.jpg K.jpg
庭の花の報告です。ハワイの佐和子さんからのコメントが期待出来そうです。
O_.jpg上の花々の全体像です。
M.jpgN.jpg
他にガザニアとバイオレットL.jpgそれに此れは雑草ですが、芝刈りが遅れたので見る事が出来たのです。

タンク掃除出来ました

A.jpgタンクの内部の写真です。
B.jpgC.jpg
手の届く範囲で磨き上げました。
D.jpg間に耐油性の液状パッキンを塗り数分後表面が乾燥しかけた時にネジ留めしました。以前乾く前に作業開始して手も廻りもベトベトに成り大騒動した事を経験しています。
E.jpg
G.jpg発電機用の外付け燃料フィルターです。内蔵のフィルターは昨年交換しましたが、此れは床下にあり今までノーチェックでした。
此れも交換した方が良いかも?下部のドレンのネジに指を触れたら燃料で濡れました。

薪の山無くなりました。

DSC09970_.jpg薪の山が無くなりました。マジックです。どう考えても収納不可能だと見えた薪の山でしたが、消せました!コンテナも増やさず、置き場所も増やさなくて実現したのです。
DSC09961_.jpgコンテナが二列に並んで居る様に見えますが、実は周りだけで、中を空洞にして、其処に投げ込んだのです。
DSC09960_.jpg この様な状態です。新規の薪置き場も同じように空洞を作って中にほーり込んで居ます。
DSC09969_.jpgDSC09968_.jpg薪をほーり込むと言っても高い処からホーリ込むと言う事は下から上に上げる作業が必要に成ります。一人でヤルト一輪車に積み込み、運んで、脚立に登り、この様な姿勢で下から引き上げて、中に投げ込む!しかも奥の方は投げ込まねば成りません!でも今日は違います。帰郷しているチェーンさんが手伝って下さいました。私が下から彼に手渡すと一々姿勢を変えなくて効率が良くなります。お陰で3日掛かる作業が昼からの半日で済みました。冬から薪の作業半年間から解放されました。今年の冬は寒い期間が長かったので、消費が例年二倍近かったので恐怖感が湧きました。計画していた小笠原航行を断念したので、時間が空いたのと、ドラゴン師の口利きで神社のご神木が大量に手に入ったので、欲張って置き場新設までして薪確保に走ったのでした。多分5年分は確保出来たと思います。来年はマルッキリ薪収集しなくても良いでしょう。そして70歳までは少しづつ補充していき、其れを使い切った75歳頃は肉体労働も不可能に成り、老人施設に入所する事に成るかも?人生設計が出来ました、アハハハッ!

日曜日朝錬:薪コンテナ移動:ヨットの燃料タンクの燃料抜き:果樹園の草刈り

草刈り&燃料タンク 001_400
朝7時から太極拳の練習ドラゴン師の指導を済ませ、リサイクル分別に行って、薪のコンテナの積み直しをして、マリーナに行き、
DSC09948_400.jpg
燃料タンクの点検口を開き、燃料130㍑を抜き、
草刈り&燃料タンク 013_400
タンクの中を覗きました。
DSC09950_400.jpg 草刈り&燃料タンク 009_400
ヒドイものです。そこでお昼になったので、電子レンジ食品を食べ終わった処で、ドラゴン師が草刈り機の練習兼手伝いにお土産持参でこられたので、
草刈り&燃料タンク 014_400 草刈り&燃料タンク 015_400
山江村の栗饅頭をコーヒー入れて頂き、果樹園に一緒に行きました。
草刈り&燃料タンク 018_400 草刈り&燃料タンク 019_400
刈払機の使い方:ブレードの交換:紐式のドラム巻き取り付け等エンジンの使い方等実践で覚えて貰いそしてお手伝いして頂きました。その後16時にヨットに帰ってタンク掃除と思いましたが、このくらいで止めたが良いかな?未だ明日も在るし。ああ疲れました。

Gウイーク

DSC09882_400.jpgリメンバーさんが朝から島原に行くので一緒に行かないか?と声掛けして下さった。
コンナ曇り空で雨が降りそうな日に出たくない!ヨットでくつろいで居るのに!と言ったら、昼から晴れる!と言う。寒そうなので防寒着と合羽と膨張式救命具を持って乗り込もうとした時Kさんにも声を掛けたら、俺も行く!と言う事で、3馬鹿珍道中と相成った。
DSC09881_400.jpg例の普賢岳が荒々しい姿を見せて居た。噴火から20年かな?
DSC09885_400.jpg島原はヨットが停泊出来る処が無いので、億劫に成るがリメンバー艇長が防波堤に登れば陸に上がれると言うので確める事にして出港したのでしたが、丁度鉄の作業船台が舫って在ったので其れに横付けして岸壁には脚立を使って上り、脚立は岸壁に引き上げて上陸!
防波堤と陸地の間の小さな島みたいなのが焼けていた。多分ホムレスが失火したのだろう?
リメンバーは写真の右3分の1の船台に舫って在ります。手前のは地元のヨットです。
DSC09886_400.jpg矢張り名物具雑煮を食べに行かねば!歩いて3~40分の商店街か島原城の姫松屋に行こうと進めたが皆さん歩くのが苦手らしく、タクシーに乗る事に成りました。やっぱり名物です。美味しかった!!
DSC09892_400.jpgも一つの名物寒さらし団子は水屋敷と言われる旧家で湧水の池の魚と亀を見ながら食べました。それから商店街へ・・・
DSC09888_400.jpg矢張り何時もの処に青サギが居ました。次に鯉が住む側溝の道を散策して又タクシーでフェリー乗り場のアル外港へ戻りました。
DSC09887_400.jpgオットその前に島原城にも行ったのでした。入場料払うのがイヤだったので、外から見たダケ!
DSC09896_400.jpg下りは大変上陸の時は脚立で良かったけど、帰りは3メートル以上退いていたので大変でした。ロープを探して来て、ぶら下げた脚立を二人支えてリメンバー艇長が先ず降りた。その後ヨットからロープを持って来て、借りた(無断)ロープを返して、行って来いで通したロープにぶら下がりながら、岸壁を降りました。絶対に女子供や怖がりやでは不可能な帰艇でした。DSC09898_400.jpg帰りの燃料を給油して帰りはクヲタリーの風で5ノットで快適な帆走でした。帰港後いつの間にか自艇で熟睡して仕舞い、気付いたのは20時過ぎでした。老年探偵団の一日でした。

今日はドラゴン師と薪置き場の屋根張り

DSC09868_400.jpgドラゴン師は現在ポリテクセンターで建築士の速業訓練受講中です。作業着も様に成って来ました。
DSC09869_400.jpg一人での作業の事で気分が重かったけど、お陰で順調でした。
DSC00662_320.jpgDSC00663_320.jpg分業は楽しい!
DSC00666_320.jpgお陰で早く出来ました。
DSC09873_400.jpgDSC09875_400.jpg
コンテナを並べて見ました。
DSC09874_400.jpg在庫もダイブ減りました。でもコンテナに入らなかった薪のヤマハ未だ残って居ます。どう成るのでしょう。
DSC09864_400.jpgブルーベリーの花も咲きました。
DSC09866_400.jpgアメリカデイゴも新芽が出始めました。家内は山小屋に友達と行って居るのでヨットで泊まって居ます。予定を組んで居たのですが、私が予定より早く帰港したので、こうなりました。

朝の散歩の後ヨットの後片付け

DSC09856_.jpg散歩の途中花園を見つけました。
DSC09863_.jpg我が家のパール柑の花第一号が咲きました。
DSC09860_.jpgクルージングの後片付けに行きました。チェーンさんもヨットあかつき丸の掃除終了!
DSC09858_.jpg昼食は残った食材で、チェーンさんと食べた後ヨットの中で昼寝至極の時間です。でも外を見ると初めて見る交通渋滞です。此れでは我が家まで30分の処1時間以上掛かるでしょう。ゆっくりと掃除や後片付けをして、18時過ぎに帰路に付きました。軽やかに走れました。途中までは・・・
DSC09862_.jpg後10分ぐらいで帰宅と言う時渋滞に追いついて仕舞いました。原因は松橋交差点の信号による渋滞です。それでも20分ぐらい走れば、脇道に入って帰宅出来ます。多分松橋交差点までは50分以上掛かるでしょう。ゴールデンウイークの影響でしょう。田舎に住んでいて良かった!多分マリーナから熊本市までは4時間ぐらい掛かるでしょう。私は50分で帰宅。

又明日は雨なので、波多に帰って来ました。

DSC09839_400.jpg昨日は燃料計トラブルで朝から3時間ロスしたので、椛島でドラゴンさんの趣味の魚釣りをする事にしてそこで一泊して、チェーンさんのヤマハR$Cを取りに行きました。21Fなのに15馬力で7ノットも出ます。
DSC09852_400.jpg処が冷却水の出が悪くオーバーヒートぎみなので、曳航する事に成った!伴走して居て良かったのです。
DSC09848_400.jpgDSC09851_400.jpg
ちゃんと黒球を二つあげての曳航です。
DSC09854_400.jpgDSC09853_400.jpg
波多マリーナでドラゴンさんは魚釣り、夕食にホイコウローを作って夕食です。私の得意な定番です。予定が短く成ったので、食糧が余ったから、桟橋係留で夕食済ませて皆さん帰宅。
五月クルージング_400
ログ記録は前回の牛深行きもダブって記録されて仕舞いました。牛深には行っていません。摂り合えづ愛妻の元に帰宅して明日に片付け掃除に明日来ましょう。チェーンさんと一緒の時は何時も大時化でした。

時化の後遺症

DSC09833_400.jpg昨日時化の中エンジンの調子がおかしかった!回転に村が在ったのです。スローだったら、何とか止まらなかったけど、最後に出島桟橋に着艇する時はスローででもエンジン停止!チェーンさんが潜って、スクリュー点検したけど、何も付いて居なかった。オーランドマリーナに電話で相談したら、燃料が正常に流れて居ない症状だと一発指摘!燃料フィルターを外して見たら、御覧の通りカスが在りました。結構大きい物です。処が、パイプを外してもタンクから燃料が出て来ません!タンクが低い処に在るからでしょうか?
DSC09836_400.jpgそこで予備タンクは高い処に在るので、バルブを開けて、落とし込み作戦開始!でも出て来ない!電線をホースに差し込みましたが、Lカーブの処で先に進まなかった、仕方が無いので思い切り口で拭いたら、順調に出て来ました。そうですタンクからの出口に何かかが詰まって居たのです。昨日の時化のガブリで底のゴミが踊って吸いこまれたのでしょう。フィルターを外した時に油水分離器のガラス部品が割れたのです、部品など直ぐに入手出来ません。チェーンさんはバイパス手術で直結しましょうと言う提案!イヤ待てよ、エポキシ接着材はガラスにも使えるし、油にも強いはづ!
油水分離器_400御覧の通り修理完了!固まるまで昼食にして待ちました。そしてみごと成功でした!何事も無かったかの如き快調エンジン復帰でした。
DSC09831_400.jpgDSC09829_400.jpg
実は朝からスクリューにも何もからんで居ない事を確認したので、出島を出航! 直後に又エンジンの調子がおかしく成ったので長崎港内をセーリングで帰港したのでした。異常を察知ひた桟橋に居たヨットサザナミのメンバーが勢ぞろいして待機して居ました。ハーバーマスターも保安庁には私が電話しときますと、仰った。何しろ港内帆走して仕舞ったからだ。お叱りの来艇が在るからです。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。