カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翔鷗号キャプテンズブログ

翔鷗 今回のクルージング中お世話に成った。能崎 知文 氏のブログを見つけました。
http://oc-plan.jugem.jp/?page=1
関東地方でのヨット界では知らない人は潜りだと言っても過言でない大御所の御仁のブログですがEmitanの事を載せて下さって居ました。
又このブログの最新情報を見るには、ブログの一番上に在るタイトル翔鴎号
をクリックすると見られます。
スポンサーサイト

フェニックスで○○ケース作り

DSC07113.jpg  DSC07114.jpg
10年前に引っ越し間も無く、新幹線予定地から持って来たフェニックス??数年前の事だが、右写真の様な大きなバットみたいな蕾がなり、やがてそれが割れて左の写真の様な花が出て来ました。
蕾を利用して花瓶を作ろうと思って居ました。そこで蕾の状態で採取して乾燥させようと、しましたが、開花の時期が来ると勝手に割れました。そこで中の花を事前に抜いて、花が成長した時に圧力がかからない様にと対策しましたが、それでも時期が来ると割れました。そこで私が執った対策は乾燥する前に針金で縛りました。そして数日お気に針金を増し締めしたのです。そして夏も過ぎて秋に成ったら、割れないままで乾燥しましたが、予想していたより小さく出来上がって仕舞困りました。花瓶には不向きです。そこで考えたのは、○○○ケースへの応用です。
DSC07116.jpg
使う時は上下反対にして腰の前に持って行き、後ろで結ぶのです。何処か多分アフリカの原住民の男性が愛用して居たのをテレビで見たのですが如何でしょうか?実用品として使えませんかね?

梅雨の間の束の間の晴れ間

DSC07107.jpg
朝の散歩の何時ものコースだが、霧いや雲のかかり具合が面白かったので、ショット!
右下は中学校の体育館遠くは九州山地です。
DSC07108.jpg 芝刈り機の上で運転しながらの風景です。
DSC07112.jpg
田植えの準備の為トラックターの後ろを、やはり白鷺が付いて回って居ます。

AC電源LED照明に交換 &デジタル気圧計

DSC06923.jpg
今までのキャビンのメイン照明はマリンテックのごみ箱から回収した、12Vサークライン蛍光灯でした。
AC電源が確保出来ているマリーナや発電機作動時にワザワザ充電器を使い12V電源を使う事に抵抗を感じて居ました。でも家庭用や浴室用のサークライン蛍光灯は大きいし、高さが在り過ぎたので使い物になりませんでした。
DSC07097.jpg そこでホームセンターで見つけました! 7Wで60W相当の明るさと言ううたい文句でした。読書にも良い様に、手元照明の為に左右に装着しました。コネクターが出ぱって居るのでチークのドウナツ状の台座を作りました。トリマーで縁取りもしました。
DSC07093.jpg 天井の継ぎ目の目隠しが無くなって居たので、新造しました。トリマーを上下にかける場合可なり慎重さと経験が必要でした。
DSC07094.jpg 此れがその切り口です。油断すると、幅が狭くなって仕舞ます。
DSC07100.jpg 今までの中国製デジタル時計の曜日が見えなく成ったし、デジタル気圧計を探していたら3900円で今までの悩みが一挙に解決出来ました。
ただ曜日が2分間に30秒間だけなのがちょっと不満ですが、値段も安いし、取り合えづ満足です。右のアワビのライトもLEDを使った手製のランプです。表面の汚れを削り落し、磨いた鮑の貝殻がシェードです。下のフレームの芭蕉カジキは黒真珠の貝殻をカービングしました。

キノコ&セルフレジ

DSC07079.jpg DSC07080.jpg
散歩の途中見つけました!梅雨時はキノコの季節ですね!
DSC07083.jpg
セルフレジ 田舎に住んで居ると今迄経験の無い事に出くわします。 写真をクリックすると、全体像が見えます。
健康ランドの帰りにイオンモールに寄ったら、レジコーナーの一角が変です。レジ係の人が居ません!
何とセルフレジと書いて在りました。先ずレジ袋購入かシールだけか、マイバックかを選びます。
次にそして商品のバーコードをかざす、マイバックに入れる。誰にも会わず、買い物が終わる。万引きをするチャンスは??まあ人件費は可なり節約出来るし、混雑も避けられる。正直者だけしか居ない日本だけしか成り立たないのでは?

大雨の中ビデオカメラマンとして出動

http://blog.livedoor.jp/kumamototaikyokuken/
今日はビデオカメラマンです。
第14回やつしろハートフル
八代市で行われたわが武術太極拳こぶしの会参加の行事の今までのビデオカメラマンが都合がつかなく成ったので急きょ要請が在ったのです。
DSC07011.jpg でも朝から起きて外を見るとご覧の通り道の上を水が流れて居ました。昨夜からの豪雨の結果です。何時もの事なので気にせづ出発!
DSC07026.jpg DSC07017.jpg DSC07050.jpg
今日も疲れました!

従兄弟の奥さんの納骨の準備で掃除に行きました。

DSC07007.jpg 従兄弟の嫁さん行年90歳の納骨の準備の為掃除に行きました。そこで大変な事に気づきました。
DSC07010.jpg 写真の地面で茶色が濃い所が在ります。先隣りの墓地の枠が2段のブロックで上がり難かったので、石を置いて在った場所です。
DSC07009.jpg 此れがその石です。その奥に我が家の柱が外れた所が見えますが、判りますか?写真をクリックすれば見えると思います。修めて見たらピッタリと符合しました。
考えられる事は地震か台風で石柱が外れて落ちた!それを見つけた先隣りの参拝者が自分の墓場所に出入りするのに足が上がり難く困って居たので、丁度階段にピッタリの石を見つけた!と思い、喜んで、安置した。皆さん!此の現象をどう思われますか?私の見解は間違って居るでしょうか?
DSC07006.jpg 庭のアメリカデイゴの花が益々盛り始めました。次々に咲きそして落ちていきます。掃除を頻繁にする必要が出てきました。

デイゴの花が咲き・・

DSC06933.jpg DSC06932.jpg

昨年はあまり咲かなかった、アメリカ デイゴ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%B4
今年はもの凄い勢いで咲きそうです。アメリカカブレのの私アメリカハナミズキカリフォルニア風家等バイク以外はアメリカがいっぱいです。
DSC06931.jpg  DSC06936.jpg
水連も時期を迎えました。奥のマーライオンが目立たなく成って居ます。砥草とガマを間引きしなきゃいけません!
DSC06937.jpg  DSC06938.jpg
アガパンサスhttp://yasashi.info/a_00004.htm  も盛りです。

お気に入りのソファーセット

DSC06895.jpg

十数年前此処に来る前にホームセンターで買ったソファーセット安上がりのセットだったので(当時3万円台)リビング用に買ったものでしたが、現在のバルコニーにぴったりな雰囲気だったので喜んで使っていました。だが寄る年波風化して来ましたし、虐めに遭った猫の寝蔵に成っていて、血だらけでした。随分同じものを探しましたが、見つからづ、困って居ました。もう何年もネットでも探していたのですが、・・・・・・
DSC06935.jpg
もうだめだ!何でも良いから買いなおそう!と夫婦で結論を出した時、家内がも一度検索したら、なんとリバイバル出現していました。時期的にもタイミングが良かったのでしょう?!やはり価格もそう変わり無く、簡単にスンナリ送って来ました。大喜びでしたが、サイドチェアーの梱包を開けた時です!!あれー!?写真の左端に移って居ますが、極端に小さかったのでした。ネットの写真だけで、サイヅまでチェックして居ませんでした!でもまあ良いか!メインソファーが満足出来ているのだから。

人が居ないとゴキブリが・・・

DSC06922.jpg
ヨットに住まなく成って一週間 水曜日に設置したゴキブリホイホイです。土曜日にはこの様な状態、新たに侵入したのか?人が居たので遠慮して居たのか?
DSC06926.jpg
集中豪雨のあくる日の朝散歩して居ると何か変?!振り返ってみたら、地盤が緩んだのか、大きな木が倒れかかっていました。トラックやバスが通れば当たるのでは?

わらじサンダル

http://www.mizunoshop.net/disp/CSfPickUpPage_001.jsp?dispNo=003002167 私が以前お気に入りだった、Keenのつま先保護サンダル生産中止したので全米の在庫をかき集めてここ数年間使っていましたが、もうそれも消耗して仕舞ました。そしたら、クルージング中家内が日経新聞の記事でミズノから出したと切り抜きを持って着ました。その名もわらじサンダル。わらじの様にハナオがあります。" 
DSC06900.jpg DSC06901.jpg

DSC06902.jpg DSC06903.jpg


わらじサンダル つま先のカバー無しのタイプはもっと安いけどヨットのデッキでは重宝します。ソールもしっかりして居ます。
DSC06916.jpg  此れがKeenのサンダルです。気楽に履けましたが、ソールがスポンジなので、すぐに減ったてしまいますし、裏のノンスリップが剥がれて来ました。
DSC06896.jpg  DSC06897.jpg
庭の百合も咲いて居ます。何時からかは知りませんが?!
DSC06913.jpg  何と言う虫でしょう?

バックヤードの果樹園 草取り

DSC06881_640.jpg  バックヤードでは野菜造りの為に設定確保したのですが、野菜は一トキに同じ種類の野菜が出来ると、家内から苦情が出ました。同じ食材を使い続けなきゃいけない!それに野菜の苗の値段と収穫野菜の値段の差が殆ど無い!そして近所から次々に持ち込まれる!もって来るから造らなくて良いですよ!と言うメッセージを受けて、野菜造りは止めて、遠隔地に在るパール柑の畑に行くのが、辛く成る次期が来るだろうし、管理も自宅敷地の方がきちっと出来る。と言う事で野菜をヤメテパール柑の畑に変更しました。でもそうなると草取りまめにしなくては成りません!そこで活躍するのが、耕運機です。
DSC06882_640.jpg  一通り耕運するとこの様に刃部に草が絡みます。
DSC06883_640.jpg 水を掛けて洗います。DSC06884_640.jpg 御覧の様に草が無くなりました。
DSC06885_640.jpg DSC06886_640.jpg
耕運機は水洗し、エアーガンで水分除去し、防錆スプレーをかけてメンテします。
DSC06888_640.jpg  オイル量のチェックをして、
DSC06889_640.jpg  燃料コックを閉めてエンジンが止まるまで、放置してから、収納します。
DSC06890_640.jpg  シールを張ってハワイアンバージョンです。
DSC06891_640.jpg  DSC06893_640.jpg
琵琶の収穫が終わったので、傍鳥ネットを除去した。
DSC06878_640.jpg  パール柑の果実が付き過ぎです。此れでは栄養が行き渡りません!収穫しても小さい果実に成ります。
DSC06879_640.jpg  そこで摘果をしました。勿体ないと思うでしょうが、お粗末な果実は困ります。此れが果樹農家の大事な仕事の一つです。

デイゴの剪定

DSC06875_640.jpg  DSC06876_640.jpg
デイゴの木ですが、左は剪定前:あま<りに茂り過ぎて、周りの草木に日が当たりません!
思い切って体力の許す限り切り落とした状態が右の写真です。写真の上でクリックすれば大写しに成り、その様子が判ります。
DSC06865_640.jpg その他我々の所属する武術太極拳こぶしの会が熊本県体育協会に加盟したので、宇城市役所で研修会が在ったので公聴取材に行きました。詳しくは熊本県武術太極拳連盟の此のブログのリンクからエントリーして下されば見られます。

庭への侵入者

DSC06856_640.jpg
歓迎して居ないが、毎年集団侵入!ほおって置くと芙蓉の葉っぱは全部無く成り、木が枯れて仕舞います。困ります。今まではピンセットで除去して居ましたが、今回はカミキリムシ用のスプレーを掛けました。此れは広がらないで、一点集中出来るので、周りに飛び散らないので便利です。後で見に行ったら、全部地面に落ちて居ました。
DSC06861_640.jpg  DSC06862_640.jpg
此方は青鷺です。じーっとして池のハヤを狙います。でも警戒心が在るので、直ぐに跳んで逃げます。写真をクリックして、拡大画面を見て下さい。
DSC06858_640.jpg パール柑の果実が着果しました。多過ぎるので摘果しなくては成りません!
それからヨットにも言って大掃除もしました。と言っても、綺麗に掃除する為の準備見たいな仕上がりです。又仕上げに行かねば成りません!

波多に帰ってから

DSC06854_.jpg
DSC06833_.jpg  DSC06832_.jpg
2ヶ月ぶりで、波多に帰ってきたら、出港前に電動ウインチの設置を相談して来た桟橋のメンバーが在ったので、日常的に設置をしていて手馴れたマリンテック(此のブログのリンクに在る)に頼んだら?と紹介した工事をやって居る最中でした。顔馴染みの小戸 マリンテックのスタッフが一生懸命頑張っていました。終ってから私が改造造作した物を見てお金を取れますよと言って下さったのです。何度もやり直して出来上がって居るので、儲けにはなりませんが、出来上がりは何とか売り物になるようです。
DSC06834_.jpg  DSC06835_.jpg  DSC06839_.jpg
帰ったら庭の芝生はご覧の通り雑草が茂っていました。
DSC06840_.jpg  先ず仮払い機で周辺の草を刈り取ります。
DSC06842_.jpg  それからエンジン 式ブロアーで中央に集めます。
DSC06844_.jpg  そして乗用芝刈り機で吸塵と刈り込みを同時に行います。
DSC06849_.jpg 此れが乗用芝刈り機
DSC06850_.jpg  此れがブロアー
DSC06851_.jpg これ等揃って全体の芝刈りが得きるのです。
DSC06854_.jpg 今日だけで此れだけの芝を刈り取りました。軽トラの荷台の枠ぎりぎりに成る量です。
DSC06853_.jpg ワークショップに収納した芝刈り機
でも昼からはクルージング中に亡くなった、従兄の奥さんの納骨の段取で浜坂家の発祥地旧砥用町に駆けつけて忙しい一日でした。







波多マリーナに帰港しました。

DSC06830_640.jpg
皆様応援有り難う御座いました。本日14時20分母校に辿り着けました。出迎えの仲間たちが沢山居て幸せです。
DSC06820_640.jpg  DSC06821_640.jpg
朝6時の長崎港の様子です。
DSC06823_640.jpg  お馴染みの軍艦島ですほんみょう(端島)廃坑の島で、観光名所に成って居ます。
DSC06825_640.jpg 後ろのヨットは昨夜出島でご一緒した、Tum Tum です。彼は牛深に向かうので、お別れです。
DSC06826_640.jpg 早崎の瀬戸は丁度潮止まりで難なくクリア!
取り合えず帰港の報告致します。お世話に成った皆様方有り難う御座いました。

ザボンカステラ

DSC06814_640.jpg  家内のザボンカステラを買って来てとリクエストでした。メーカーは和泉屋 出島ハーバーの管理人の方にお聞きして探し当てた和泉屋です。早速店内を探したけど、見当たりません!店員のい聞くと2か月前までは造って居ましたが、現在は有りません!と言う返事であった。仕方が無いので引き返した。それなら美味しい福砂屋の方が良い!又管理人さんに在りかを聞いたら、和泉屋の近くだった、又歩いて往復40分まあ運動に成るか?和泉屋の近くで誰かに聞けば良かったのだが、シャイな私・・・・・だから今日は運動不足は無いだろう。
DSC06815_640.jpg  出島にはこんな船が係留されて居ます。
DSC06818_640.jpg
夕食は安永さんと宝雲亭の餃子を食べに行きました。以前は熊本市にも支店が在ったのですが。無く成り、長崎迄来ないと此の美味しい一口餃子は食べられません。思案橋の近くに有ります。やはり美味しかった!!二人で餃子3皿ニラとじ3皿、ご飯は私が2杯彼は一杯と生ビールでした。満足です。  オットその前に今日も港サウナでマッサージをして貰いました。かなり腰の筋肉痛は和らぎました。二日続けての贅沢です。
DSC06819_640.jpg 帰った時は8時近かったのに此の明るさです。彼のは34f私のは35fなのですが、マストの高さは極端に違うのに驚きです。バラストの重さも2トンと3トン改めてEmitanのセールエリアの大きさに驚きました。明日は波多マリーナホームポートです。

出島 Dejima 帰って来たよ!って感じ

DSC06774_640.jpg  DSC06776_640.jpg
此処平戸は来なとを出ると、いきなり海峡なので、凄い潮流です。最干潮の積りでしたが、ちょと擦れて居たのでしょうか?通常回転2500では2ノットでした。仕方ないので3000回転で進みました。振り返ると平戸城が美しくたたずんで居ました。
DSC06781_640.jpg DSC06782_640.jpg
平戸大橋桁下は忘れましたが、以前確認して居るので大丈夫でしょう。釣り堀を押して居る漁船を見かけました。初めて見た光景でした。
DSC06774_640.jpg 昨日紹介しました、 広瀬ですがあんなに大きかったけどこれなら瀬と言っても良いかな?
DSC06785_640.jpg  沖合を自衛艦が居るとAIS照合したら、何と英語そうです此処は米軍基地(佐世保)近くでした。
DSC06786_640.jpg 此れがそうです。
DSC06789_640.jpg  レーダーの画面が異常です。此れは集中豪雨に違い有りません!
  DSC06797_640.jpg  DSC06798_640.jpg
私が考案した、運航中オーニングです。此れで背中から雨が掛りません!窓のカバーをめくると後ろも見えます。裾はメインシートトラベラーのアイにショックコードの付いたS管で固定しますが、停泊中は特製のポールを立てて、後方を高く出来ますのでハッチを開けたままでも降り込みが防げます。
オーニングの上部はロープボルトを使って着脱自由なのです。重宝して居ます。でも何故か、雨は降りませんでした。良かった。エーだーの感度調整をしました。
DSC06792_640.jpg  有名な池島(廃坑に成った炭鉱)です。テレビでも最後の小学校とか特集して居ました。
DSC06802_640.jpg 連れ潮なので8ノットオーバーで驀進です。
DSC06806_640.jpg  やっと女神橋です。
安永さん_640 電話で出島予約しようとしたら、実は火曜日の出島ハーバーは休日でした。桟橋には舫えますがゲートがロックして在って、上陸出来ない!事が判明!そこで考えました。Emitannにはディンギー(テンダー)が積んで有ります。此れを使えば上陸可能?!でも桟橋には人影が在りました。舫いを取って下さって。彼に付いて行けば上陸なのです。Okeyラッキー!彼は何と友達の友達!今のEmitanwo買い直すようにそそのかした、屋久島で知合いズーット付きあって居る友達が其の時もって居たヨットを買った人だったのです。それもケンノスケカップにクルー参加しないかと誘った友達(売主)から買った人が平戸で心臓発作を起こして手術をしたので、ヨットを廻航して上げなければならなく成ったので参加出来ない!と言って来たのですが、舫いを取って下さったのが其の心臓発作後手術受けた人だったのです。
再度沖縄向け待機中でした(台風通過待ち)懐かしいピッチ&ランで上機嫌の安永さんです。現在艇名はタムタム。
DSC06808_640.jpg  セールの補修に余念が無い安永さんです。その後夕食にご一緒して、私は待ちに待った港サウナでもマッサージ此処はスタッフ全部上手なので安心です。若くて熱心な若者でした。殆どこりが取れましたが、もう一回念押しで二日続けてやって貰います。
DSC06812_640.jpg 帰ると桟橋では夜中にも関わらずEmitanを眺めながら話しして居るお二人が在りました。お誘いしてクルージングでのネット活用を紹介したので、解散時は12時過ぎて居たのです。どうせ翌日は出ないのだからゆっくり起きられます。天気が良いのに出港しない日も有っても良いのです。

平戸にやって来ました

DSC06743_640.jpg  DSC06746_640.jpg  DSC06748_640.jpg
マリノアを後にしました。台風が行き過ぎる迄マリノアと言う方法も在ったのですが、友達が調べた気象予報士の意見が私にとって都合が良かったので、出港して仕舞いました。博多湾の中は結構忙しいものです。夜中もマリノアの横を客船がショッチュウ出這入りして居ました。水中翼船はテストでしょうか?湾内を猛スピードで旋回して居ました。暴走族見たいに。
DSC06750_640.jpg  霧の中の限界島です。大地震の後の耐震対策で:気のせいか、要塞の様な様相に見えました。写真をクリックしても判らないかな?
DSC06752_640.jpg  沖に先行して居たヨットが何故か引き返して来ました?手を振ったら答えてくれたので事故では無かった様です。
DSC06753_640.jpg  昼はきつねうどんに葱を刻んで載せました。葱の歯ごたえの良さを実感しました。
DSC06754_640.jpg 烏帽子島ですが、どう見てもキャップに見えます。烏帽子に馴染みが無いからかな?
DSC06755_640.jpg  DSC06758_640.jpg
昼から霧が薄く成ってそよ風が出て来たので、堪らずセールを上げて見ましたが、30分ぐらいでよれよれに垂れて仕舞いました。
DSC06759_640.jpg  平戸が近づいて来ましたが、霧ではっきりしません!レーダーが有るので気にする事は有りません!と言うか此の一週間霧の日だけです。
DSC06760_640.jpg  平戸の入り口の広瀬です。普通のイメージの瀬とは違いますよね?此れは島では無いでしょうか?但し此の時は最干潮の時だからかも?
DSC06763_640.jpg 入港しようとしたら、後ろからフェリーが来たので、先を譲り付いて行きました。
DSC06766_640.jpg 最干潮のはづですが、海が踊って居ました。浅瀬か渦か見分けが付きません!
DSC06768_640.jpg 航跡です。
DSC06770_640.jpg 桟橋に係留したEmitanです。立派な桟橋で目の前にはスーパーが有ります。
DSC06771_640.jpg 夜に成ると水中イルミネーションが綺麗です。岡の上のホテルの展望温泉に600円で入りましたが、フロントから女性スタッフが案内してくれて気が引ける感じです。タオルも無料で貸し出しです。

関門海峡通過そして天気は良いのに大荒れ

DSC06604_640.jpg  DSC06605_640.jpg  DSC06606_640.jpg  DSC06608_640.jpg  DSC06612_640.jpg  DSC06613_640.jpg
関門海峡は普段と変わり無く通過出来たのですが、玄界灘に入ったとたん霧が晴れて風が北から吹き出し、次第に強く成り、一時は20ノットオーバーに成りました。追手だったので、苦に成らなかったのですが、博多湾に向かうと、大変!
DSC06675_640.jpg  DSC06665_640.jpg  DSC06671_640.jpg  DSC06676_640.jpg  
横から風と波を受けると、横倒しに成りそうに成ったのでした。マリノアに入るのにのこの島を遠回りしてブランケットを利用しての入港に成ったのです。後は又おちついてから
以前からの友達O氏に連絡したのですが、用事が在ったので、仲間のピロリさんが親切に応対して下さり。疲れた体を休める為に私の行き付けの福の湯に車で連れて行って下さいました。
DSC06737_640.jpg  此れは彼のヨットでお話を聞いて居る処です。若い時は最初から手造りで20Fぐらいのヨットを自作なさったそうです。現在は岡崎30だそうです。
DSC06733_640.jpg  DSC06732_640.jpg
マリノアのEmitanと航行航跡です。明けて4日は又霧の世界に戻りました。昨日の快晴強風は博多湾ではちょくちょく有るそうです。毎日の立ってのワッチで左腰の筋肉が少し居たいです。昨日マッサージしてもらったので、少しは楽に成りました。出島でもう一度やって貰いましょう。今日は昨日と違ってブログアップが出来ます。平戸に着いたら又報告します。

新門司海の駅

DSC06586_640.jpg  DSC06587_640.jpg  DSC06589_640.jpg
今日も霧の中の出港です二番目の船はアンカリングして居たのです。100メートルぐらい離れた処を航行中波多マリーナのチェーンさんと電話して居たら、突然大きな低音の汽笛が成ったので電話を中断して外を見るとどうやら傍に寄るな!と言って居たようだ。此方も汽笛を鳴らして、気付いて居る事を表明し、少し左へ舵を取ったのでした。
DSC06589_640.jpg
航路脇にはこんな物が、何なんでしょう?潮位か潮流測定装置か、・・・・・
DSC06590_640.jpg 此れが新門司マリーナへの風景です。ヨークプロッターの航路案内を確認しないといけないのです。前回経験したのですが、画面拡大して確認が必要です。
DSC06591_640.jpg  そして左に曲がると此の風景に成りテトラポットの間に入口が見えました。
DSC06592_640.jpg  Emitanの航跡です。あとは一寸してから、 ハイ!夕食を艇内で済ませてシャワーに言って居ました。夜間のシャワールームは男女の区別の処にシャッターが降りて男女兼用に成るのです。と言っても、男も来ませんでした。でもちょっと期待はする訳無いでしょう!
DSC06593_640.jpg  舫いを取って下さったのが、此の人風小町のオーナーNさん ( http://blogs.yahoo.co.jp/takoyakiya999/folder/18489.html )いきなり小笠原からの帰りだね!なんとEmitanのブログを見て居て情報を把握なさって居たのです。3年前に立ち寄って名刺を渡して居たので、覚えて居てそれ以来時々ブログを見て居たのだそうです。現金が心許無く成りかけて居たのでコンビニにつれて行って下さり、弁当をEmitanで一緒に頂きました。
DSC06594_640.jpg 此れが彼の艇です。大きい!
DSC06595_640.jpg
そうこうして居ると給油の時に立ち話したRさんも偵察に・・・Emitanの処改造にあきれ果てて居られました。懲りすぎて居て、周りの者がやる気を無くすので、傍迷惑だ人だと言われました。此れからのルート等教えて頂き感謝です。でも彼等が帰って仕舞うと、本当に一人ぼっちに成って仕舞ったのでした。
DSC06598_640.jpg 夕食は残り物整理です。海老チャーハンnミックスベジタブルを追加、ピーマンの千切りを卵でまぶして炒めた物を乗せてコーンクリームシチューそしてキムチでした。
DSC06599_640.jpg シャワーに行こうとしたら、久しぶりの九州の夕日です。
DSC06601_640.jpg マリーナ会館は今日の結婚式の余韻を感じさせました。お休みなさい!

倉橋から姫島後日報告

DSC06525_640.jpg 毎日トーストばかりだったので、たまにはとピザトーストにして見ました。
DSC06538_640.jpg 又又霧瀬戸内海に入ってから、毎日霧です。
DSC06543_640.jpg  DSC06545_640.jpg
屋代島の横を通り係った時。対地速度は11ノット越しました。海面も御覧の様に踊って居ます。此れは鳴門海峡より面白いかもと思ったのでした。
DSC06554_640.jpg 久々のカレーライスです。やはり一人に成ると造る気力が減少します。ご飯は発芽玄米のパックを使いました。
DSC06555_640.jpg 韓国の貨物船も出あいました。
DSC06556_640.jpg  ダイハツ専用船も居ました。
DSC06557_640.jpg 姫島に着くや否や、未だ舫いもそこそこに先に来て居たヨットマン達が風呂に一緒に行くなら、5時にバスが来るからと急かされ島の反対側に有る温泉に町営バス(単なるワゴン車)で島の西側を回って到達帰りは東側即ち島内一周付きの温泉に行きました。
DSC06561_640.jpg その後Emitanに集まって持ち寄り夕食久しぶりにグリンピースご飯を炊き冷凍食品やキャベツを刻んだり、足跡夕食です。その後其々のヨットを訪問に成りました。
DSC06562_640.jpg  DSC06568_640.jpg  DSC06570_640.jpg DSC06584_640.jpg

此方は初期のベネトーです。現在のと違ってしっかりした造りでした。オーナーの手造り改造が随所に在り工夫して在りました。
DSC06573_640.jpg  DSC06579_640.jpg  DSC06585_640.jpg
此方はパシフィック シー クラフトです。ニュウぺっク(電子海図)で航行して居られました。此れ又長期クルージングには珍しい50才代の若手です。しかも新艇から乗って居るそうです。此れ又珍しい!

6月1日姫島です。

姫島でヨット3艇が集まって、改造談義:宴会に成ったので今日は休みます。明日の為に寝ます。明日は新門司マリーナに行き関門海峡の海流待機時間調整です。台風の影響が出始める前に取り合えず、小戸ヨットハーバーに避難します。写真は明日に・・・おやすみなさい!
toudai2[1]

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。