カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の循環システムで重大問題発生!

DSC08140_640.jpg
手造り庭の手造り滝です。此の水は
DSC08141_640.jpg
此の溶岩に隠された浄化水槽からオーバーフローした水がパイプを通って滝に流れる様にして居ます。
その浄化槽の汚れを一月に一度排出する為に、水槽の下方バルブを開いて裏の川に流す様に設計して居ますが、
DSC08074.jpg
川の排水口から全く水が出て来なかったのです。そこで排水バルブの処の蓋を外して、見ました。ご覧の通り全く出て来ません!パイプ掃除の為の道具を通したら、1メートルくらいは入るけどそれ以上入りませんでした。丁度水槽の真ん中ぐらいの位置で、上方に直角に曲がってるから器具が進まないのでしょう。コンプレッサーのエアーを吹き込んでもだまでした。万策尽き果てて、此のシステムを教えて下さった、翆生園のカズオさんに電話をしましたら運良く帰宅途中だと言う事で数十分で見に来られて一緒に考えました。彼曰く、直角に曲がったその上の(排水口)に異物がふさがって居るのだろうと言います。ゴミとかそれに付着した藻が繁殖して塊に成って居るのだろう!と言う事です。8月にもチャント排水掃除をしていたからです。ちょっと考えられません!でも鉄パイプを並べた格子の上に2トンの砂利が落ちて塞ぐ事は考え難い!砂利だったら完全にパイプを塞ぐとは考えられませんので、はやり彼の言うう通りでしょう!と成れば、方法は二つ一つは水槽の中の砂利を全部取り出して掃除をする方法ですが、その工事は多分二人掛りで一日中作業しても三日では済まないでしょう?!入れるのは簡単ですが・・・・
もう一つの方法は排水口から大きな圧力の水を圧入する方法ですが、完全に水が漏れない様に接続して、強力なポンプで押し上げる必要なのです。そんな事急には出来るはづが在りません!と思ったのです。
DSC08126_640.jpg
でもまさかのピッタリのホースとジョイントが在ったのです。以前自動散水装置が出来る前に、川の水をくみ上げて居た時の物です。でもバルブと排水枠の壁との間に収まらなかったので、バルブを外して装着出来ました。ピッタリです。バルブを外したのに水が出て来ない!でもね実はその奥にもう一つバルブを付けて居たのです。でも今回は詰まって居たので関係無かったのですが念の為に閉じる事を確認してから作業を進めました。
DSC08127_640.jpg
そして協力ポンプですが、方法は現在使って居るポンプを外して、使うのですが、何と以前壊れたポンプを修理して予備に保管して居たのが在ったのです。ジョイントもピッタリ!こんな事が在るのでしょうか?これ等の道具材料部材を揃えるには、多分即日では不可能だったでしょう。それに費用もかなりの物に成った事でしょう。
DSC08128_640.jpg
水中ポンプを此のポンプ水槽に入れて電源を入れました。浄化槽の上に駆け上り点検すると、濁った水が上から出て来て居ました。
DSC08142_640.jpg
ちゃんと開通した様です。バルブを閉じてホースやポンプを外して、又バルブを開けると勢い良く水が出て来ました、大成功です。
DSC08132_640.jpg
バルブを再装着しました。
DSC08133_640.jpg
手造り開閉レバーを取り付けます。なぜなら掃除の度に腕を突っ込んでバルブ開閉するのは大変なので、考えた末鉄骨を輪切りにして、レバーの穴の形に開けて、上部には鉄棒を溶接して
DSC08134_640.jpg
鉄棒の端にボルトと溶接ました。
DSC08135_640.jpg
そして蓋をするとわずかにボルトの頭が見える状態です。
DSC08136_640.jpg
それにボックスレンチを溶接したハンドルを差し込み回すと遥か下部に在るバルブを簡単に開閉出来る装置です。全部自分で考え自分で溶接して造りました。だからこそ自分で解決出来るのです。
DSC08076.jpg
さあ!バルブを開くとご覧の様に汚れた水が勢いよく出て来ました。時々ゴッボーゴボッボと息ついて居たのは、つまりの原因の藻の塊だった様です。日暮れまでに解決したのです。全行程2時間は掛らなかった様です。
もし業者にやって貰ったら数日以上掛り、何万円かかった事か!台風直前で慌てましたが、喜びひとしおです。自分の知識と持ち合わせの道具と材料で解決出来たのです。
スポンサーサイト

レスキュー訓練&無料海洋施設発見!ついでに秋の味覚も発見!

DSC08045.jpg 2年前に桑山さんから頂いた、食わず芋こんなに茂りました。
救難訓練

DSC08061.jpg DSC08060.jpg  DSC08058.jpg
波多では恒例の消防署のレスキュー訓練が行われて居ました。

DSC08067.jpg 近くのマリーナですが、先日の大潮の時桟橋が外れかかった時桟橋がポールを叩いたそうで、ポールの高さが不揃いに成ったと聞いたので、見に行きました。遠目には微妙ですね。
DSC08068.jpg DSC08069.jpg
すぐ横に今まで知らなかった施設が在りました。先月泳いだプールと同じ経営らしいみたいです。
B&Gと書いて在りました。我々宇城市民は無料で楽しめるなんてラッキー波多セーリングクラブで、此れを利用して、イベント出来るかも知れません。ラッキー!
DSC08070.jpg こんな物を補完されて居ました。
DSC08071.jpg DSC08072.jpg
近くの空き別荘の前には秋の味覚が・・・・・・

曼珠沙華

DSC08036.jpg
曼珠沙華(彼岸花)今年は何故か赤と白が同時に咲きました。
DSC08037.jpg  例年は赤が先に咲いて一週間遅れで白そしてその後黄色が咲きますが、今年は白赤同時!その方が華やかで良いですが・・・・・・

予備タンクの問題(元汚わいタンク)

DSC08022.jpg
この春ずーっと向かい風で小笠原に行った時、燃料の予備タンク(元汚わいタンク)を開けて利用を試みました。荒海ですので、メインタンクに移ったかどうか、確認出来ませんでした。予定では燃料だけでも、種子島から小笠原迄行けるはずだったのだけど、ちょっと不安に成り、最後の一日分ギリギリで小笠原に到達出来そうだったけど、燃料切れだけは避けたかったので最後の100マイルはセーリングだけで二日間かけて無事到着しました。そして小笠原で燃料補給した時予備タンクに補給したら、十数リットルしか入りませんでした。多分80リットルくらいは入ると想定して居たので、訳が解りませんでした。
処が母港に帰って、予備タンクを開けたけど、何となく少ししか流れなかった様な気がしたのです。
DSC08032.jpg そこで燃料補給口を開けた処ゴボゴボと言う音がして予備タンクの燃料はメインタンクに流れ込んだのです。
なーんだエアー抜きが付いて居なかったのかー!と思い、チェックしました。
DSC08010.jpg DSC08012.jpg DSC08011.jpg
でもちゃーんとエア抜き排出口は在ります。ホースもタンクの上部に繋がって居ました。
DSC08035.jpg DSC08034.jpg
エアー抜きホースを外して見ました。口で吹いて見ましたが、抵抗が在りました。水道水も水を出すと、接続部から水が吹き出しましたが、強く押さえて蛇口を開けたら結構勢い良く水は出ました。でも何となく径が合わない状態の様が気がします。
DSC08025.jpg DSC08026.jpg
新しい耐油性ホースを買って来ました。口で吹くとスムーズ息が出来ましたのでセットしました。多分此れで解決したと思います。思わぬ問題が隠れて居たものです。こんな問題が隠れて居たなんて思いもしませんでした。
DSC08029.jpg
術前の写真撮影を忘れて居ました。チーク板はビス止めして在ったのに3枚浮き上がって居ました。他にもしなきゃいけない事が沢山在ったので、帰港してから半年近くかかって仕舞ました。剥がしてコーキング剤を綺麗に取り除いたけどそれでも収まりませんでした。やはり木が膨張して居たからこんな現象が起こったのでしょう。
DSC08027.jpg 荒いサンドペーパーで調整してコーキング材が余分な処にクッツカ無い様にマスキングテープを張って試適!Okey!ドリルで下穴を開けました。オットその前にビスの刺さっていた穴を開拡してFRPパテで穴埋めをして居ます。此の作業だけでも結構大変でした。
DSC08030.jpg 黒のコーキング材を塗り込みます。
DSC08031.jpg タッピングビスで締め付け上からコーキング材の足らない処に補充しまして、後は後日考えます。テープを剥がす前にサンディングした方が良いのかな?どなたか教えて下さい。

秋の花

DSC08003.jpg DSC08004.jpg
アメリカ芙蓉の花が満開です。
DSC08005.jpg DSC08006.jpg
カマキリも元気です。
DSC08007.jpg DSC08008.jpg
黄色と赤の彼岸花ももうすぐ咲くでしょう。

大潮満潮の写真

管理人の桑山さんから写真のデーターをコピーさせていただいたので、17日の様子をも少し紹介します。
IMG_2500.jpg 東側の風景です。
IMG_2504.jpg IMG_2506.jpg
桟橋の高さより陸側の方が低いのがお判り出来ると思います。黒いポールの延長した部分が見えますか?もし延長して居なくて、台風の風が強かったなら・・・・・・・・
IMG_2509.jpg
桟橋からクラブハウスを見た風景です。
IMG_2510.jpg IMG_2515.jpg

でも道路は浸水して居なかった様です。

月見ハンバーガー

DSC07997.jpg DSC07999.jpg
今日は朝から熊本県武術太極拳連盟の広報ブログのプリントアウト切り継ぎ編集に掛りっきりでした。
ブログを充実させる為に拝命した広報役員ですが、大勢の会員のかたはブログを見れる環境で無く、折角の記事を知らないと言う結果に成って居たので、井村先生の指示が在り、頑張りました。ブログのページ印刷をして気づいたのですが、したから順に表記して在るのでそのままプリントアウトしたら、順不同に成って仕舞うのです。仕方が無いので、鋏で切り取り両面テープで継ぎ接ぎしてそれをコピーして一日掛りました。ずーっと部屋の中の作業だったので、お腹も空かなかったし、夏は太り気味成るので、宣伝して居たマックに行きました。秋のお勧め:月見チーズハンバーガーです。ここで気づいたのですが、野菜がゼロだったし、ポテトは結構塩が掛って居たのです。
此れからは注文をもっと考えようと思いました。

マリーナ水没

DSC07990_640.jpg
9月17日台風接近の日は大潮と満潮(9時27分)が重なると言う事で警報が出て居ましたが。波多マリーナは此の様な状態だったと桑山さんから連絡が在りました。もしポールを延長して居なかったら一大事故にに成って居たかも知れません!間に合いましたね!
DSC07992_640.jpg
水深43.6cmだった様です。
DSC07996.jpg
地盤沈下対策の為に廃土で填圧しようと、積み上げた土手にも波打ち際もはっきり判ります!此処まで海に成ったのです。
DSC07994.jpg 此の発電機も水没した様です。即時分解掃除をすれば使えたかも知れないけど、未だ試動して居ないから、ショーとはしていないとは思うんですけどね。あああああ・・・・・・
DSC07995.jpg 此の発電機は直後に試動したそうだから諦めなきゃいけないかも?!・・なんて勝手に思い込んで居たら、両方ともエンジンオイルを何度か交換したら、ちゃんと作動する様に成ったそうです。此れを見た皆さんも良い情報ですね。諦めづに挑戦してみましょう!
私は以前曳航して居たゴムボートがひっくり返り、船外機が数分間水没した時はCRCスプレーで電気系統を洗う様に吹き付けて海水も一緒に吹き飛ばしました。その時後は異常無く使えました。
でも今回は一つの方は一日以上経過して居ても、大丈夫だったのです。本当に良かったです。

台風一過

DSC07959.jpg久しぶりに台風が接近しました。此の8年間台風は此のリアを避けて通って居ました。海底のヘドロは堆積したままなので、漁業資源に問題が出て居ます。諫早湾の締切も大いに影響して居るでしょうが、台風が海底のヘドロをかき回してくれない事も大いに影響して居るはずです。今回はどのくらいかき回してくれたかあまり期待出来そうに無いと思います。
我が家のワシントンパームも枝葉はなびいて居ましたが、幹迄タワム程では無さそうでした。
DSC07960.jpg DSC07964.jpg DSC07965.jpg
でもプリメリアの鉢は倒れ、フッカエレファンティスの幹が一本折れたのと芭蕉が幹から折れ曲がって仕舞ました。
DSC07966.jpg
この様に土手の高さで全滅です。
DSC07967.jpg 仕方ないので蛮刀で叩き切りました。すっきりしたでしょう?
DSC07968.jpg DSC07969.jpg
切り倒した芭蕉です。軽トラでなら3回以上掛って運び廃棄します。昨年まではバナナと言って居ましたが。実の大きさが私の息子より小さいままなので、芭蕉だと思い知らされました。バナナは奄美大島から送ってくれるのを期待します。

続きを読む »

GPS誘導装置付フロートフェンダー

フロートフェンダー
丁度二か月振の、帰還 7月17日二か月前に此のブログでも紹介しましたが、集中豪雨で大量の木材がマリーナ内に押し寄せて来ました。その時メンバーの発砲スチロールのフェンダーが流出し行方不明になったのだそうです。
処が丁度二か月経った本日似た様なフェンダーがマリーナ内を漂流して居るのを管理人の桑山氏が発見し、手繰り寄せた処、台風対策に来ていたオーナーが あっ!此れは私のだ!と声を出したそうです。結び方が彼の他のフェンダーと同じだったので間違い無いでしょう。洪水の日に流れ出して、台風の日に戻って来たのです。
マリーナには囲いがして在るので、誘導装置が無きゃ戻れるはず無い!様な気がするんですが。
と桑山氏が仰って居られました。
不思議な事が起こったものです。それも二か月間誰からも拾われなく、戻れた事は奇跡でしょうか?こんなことで運を使って仕舞ったのでは?

不知火祭り

DSC07955.jpg 不知火が出没すると言う大昔からの自然現象ですが今日がその日です。

http://www.kumashoko.or.jp/shiranui/local/kankou/maturi.html
DSC07957.jpg 珍しい行事なので此処にもカメラマン集合です。
永の尾神社でもこの時台風の影響か雨が降り出したので私は引き上げる事にしました。するといきなりドジャブリ危機一髪で濡れずに済みました。昼まで晴天だったのだけど、いまさら祭り中止も無いだろう?

干潟

DSC07906.jpg  DSC07907.jpg
我が家から南へ1㎞県道266号線から見た海の様子です。海!でも此の時間海水ゼロ!完全な干潟なのです。満潮に成っても水深は可なり浅いのです。ヨットでは絶対近づけません!それ処か数年前に石垣島からの帰路八代海を通った時慌てて仕舞いました。何処に行っても水深10m以下だったのです。危険を感じました。ヨットのクルージング中水深10m以下だなんて考えられないからなのです。以前は本渡の瀬戸を通って、有明海に入って居たし、近場でセーリングする事は滅多に無かったので、此処がコンナニ浅かった事を忘れて居たのでした。現在のデゲロ35は本渡の瀬戸のループ橋の下を通過出来なく成ったので、久しぶりの八代海だったのです。
八代海
ご覧の様に八代海の半分以上は埋め立て地です。八代市市街地の殆どは埋め立て地なのです。
憶えて居られますか?十数年前の不知火町の高潮被害私が考えるに、東シナ海と有明海から流入して来る海水の量は大昔から変わらないけど受け皿はコンナニ狭く成って居たのだから、許容量が少なく成って居て当然なのでしょう。だからあの洪水は人災だと私は思います。
鴨籠地区-2
我が家だって青い円内なので、大昔は海であって、鴨籠地区の名前も鴨の越冬地だから付いた名前だし、もっと奥には沈没船の記念碑が在るくらいなのです。人間の都合で自然は捻じ曲げられて悲鳴を上げて居る様です。そう言えば宇土半島と私達は呼びますが、資料館に行ったら、昔地図には宇土島と記して在りました。呆れますね。

テレビがスマートフォン?

DSC07893.jpg HDMI端子の在るテレビならスマートフォンアプリを使えるぞー!ヨットの中でワザワザパソコンを開いて起動しっぱなしは不安だし場所をとるそこで、今回登場したのがこれです。アドレスをクリックすれば案内が見られます。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120820/1042536/
ヨットの中で航行中パソコンを開いて起動させっぱなし!ちょっと抵抗が在りますが、此処で登場したのが、此れ!HDMI端子が在るテレビなら、差し込むだけでスマートテレビに成るのです。
DSC07896.jpg 電源を入れてしばらくすると、このようにホーム画面が出て来ます。此れでインターネットも、Gメールもラジオも音楽も映画も色々なアプリが使えるのです。未だ始めたばかりなので、アプリの種類を知りませんがスマートフォンを持って居ない私もスマートアプリに馴染む事が可能に成りました。しかも20インチ画面で!
DSC07897.jpg ラジオアプリです。
DSC07898.jpg ネット検索です。
DSC07899.jpg Emitan検索
DSC07900.jpg 此れでEmitanのブログにもアクセスOkey
でもねー・・・・問題がねー・・・多分解決するはずだけどねー・・・
パソコンのUSBから電源をとれば何の問題も起こらないけどねー・・・シガーソケットのUSBソケットから電源をとると、起動しなくて接続失敗のコメントが出て来るのです。メーカーに問い合わせて居るので近い内に解決するでしょう。スマートテレビなのにパソコンが要るのなら意味無いもんね。
DSC07902.jpg DSC07903.jpg  DSC07904.jpg
それからね!スマートフォンと違ってGPSが無いので、位置情報が必要なアプリは使えませんでした。
早速メーカーから回答が在りました。電源はパソコンか付属のACアダプター以外は補償の対象では在りません!と言う回答で付属のACアダプターを使ったら大丈夫でした。矢張り周波数か何かが合わなかったのでしょうね!良かったです。ハイ!

ウインドサーフイン ボード でパドリング挑戦!

DSC07881_640.jpg ウインドサーフィン用のボードでパドリング遊びをやって見ようと思い、パドルを改造してイザ出陣!あとは又ね

続きを読む »

JA宇城農協祭出演

DSC07880.jpg
我が家から500m位に在るJA宇城柑橘類選果場でJA祭が行われて又しても、舞台出演依頼です。
DSC07862.jpg DSC07864.jpg DSC07865.jpg DSC07866.jpg DSC07867.jpg
農機具:電化製品:表札:衣類:沢山の展示即売会が在りました。オット金魚すくいも在ったっけ!
DSC07874.jpg DSC07875.jpghttp://www.kensetsu-rush.com/fs/rush/platter  http://www.0120666350.com/item/p_00964.php 最近刈払機のアダプターとして此の様な物が出回り始めました。ベアリングが付いていてガード盤は回転せづ石が飛び散らない!建物や樹木に刃が当たらないのでギリギリ迄安心して草刈が出来る様です。でもね、左の物で4900円ちょっとね?本体刈払機本体でも2万円以内でも在るのに!
DSC07876.jpg 鋸引きは結構腕の筋肉に応えますが、此れなら気楽に気を切れる様です。刃が曲がるので板から出ている部分を板の面と面合わせで着る事も出来ます。興味深々!
DSC07878.jpg
我々の前の出番はフラショウでした。
スナップショット000003 我々は24式太極拳と武術操そして先生は華扇功着替えは舞台裏でしました。後でビデオを見たら、お尻の一部が幕の裾から・・・・・本人には内緒です。

ヨットの中でパソコン並べて

DSC07858.jpg
キャビンの中の写真撮影を忘れていましたが、昨日赤とんぼが飛んでいた隣部落のキャプテンポパイが来艇してOpen CPNチャートの照らし合わせとGPSアンテナの実験をしました。そこで判ったのですが、彼が持って居たCM93のチャートデーターでは八代海が詳細に乗っていたが、私が今回入手した物では八代海の表示は荒かったのです。どうやら水深10メートル以下の海域は危険地域と見なし、表示を荒くして居る様だ。だけど、我が波多マリーナは彼のチャートには載って居ないが、私のには詳細に載って居ました。それに彼のチャートではEmitanは陸の上に表示されて居ました。多分日本地系の表示だった様です。可なり古いデーターだったのでしょう。
Open CPN 此の様に波多の横の戸馳大橋の東側の表示が大幅に違う事がお判りでしょう。
昼食何時もの停車場に行ったら次のパンフレットをくれて是非鑑賞に行ってくれとママさんから頼まれました。と言うのは彼女が出演するからです。毎年のクリスマスコンサートには三角西港に行って居たからの依頼です。
宇城合唱祭あ
そして外に出たら海上保安庁の人と消防署の人それに警察の人と集まって大騒ぎして居ました。
DSC07855.jpg  DSC07856.jpg
タクシーの運転手さんまで待機させて居ました。
DSC07857.jpg それに長い柄のヒシャクを持って来て、海水を採取して居ました。多分その海水をボトルに入れて待たせたタクシーに委託して検査出来る処に運ぶのでしょう?!一体何が起こったのかは判りません!想像するに自動車が海に飛び込みその処理をした後、海水汚染度を調査していたのでは?  すべて想像です。誰かご存じなら教えて下さい。

赤とんぼの低空飛行

隣部落の友達の畑の様子です。これほどの赤とんぼの集団低空飛行は初めてです。餌に成る小さな虫が雨降り真近に成ると地面近くで飛ぶのでそれを捕食する為にトンボも低空飛行するらしいです。
動画で見て下さい。http://youtu.be/JTU9A4qElJ4

秋の庭

DSC07822.jpg マリーナ近くの果樹園から移植した花です。名前は知りません!
DSC07821.jpg近づいて見ると結構綺麗でしょう?
DSC07835.jpg 玄関前のフェニックスです。
DSC07833.jpg  地面に沢山の実が落ちて居ましたので、目を上げると・・
DSC07832.jpg  DSC07834.jpg
沢山の実が成って居ました。多分食べれれるとは思うんですが・・・・・
DSC07836.jpg  アメリカ芙蓉の枝の下部は思い切って枝打ちしたのに、こんなに茂って居ます。今から2か月間は盛りです。

散歩仲間

DSC07812.jpg
毎朝散歩の帰りがけに出会う散歩仲間、毎日殆ど同じ処で出会う!最初の頃は会釈・・・そして挨拶・・・ちょこっとした会話・・・立ち話・・・とうとうお互いに訪問・・・
遂に今日は一緒に朝食と成って仕舞った。あはははーは

太極拳表演大会に向けて合同練習会

DSC07801.jpg 表演大会

今日は熊本県武術太極拳連盟の合同表演大会に向けてのこぶしの会5教室の合同練習会が松橋町のウイング松橋( http://www.uki-wing.jp/ )
で行いました。先生が到着される迄準備運動です。
DSC07803.jpg さあ!先生の訓示です。気合を入れて頂きました。
DSC07804.jpg DSC07809.jpg
各グループでの打ち合わせにも熱が入ります。
DSC07810.jpg  それぞれのチームで打ち合わせした。夜の3時間は疲れます。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。