カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emitanの雄姿

337_800.jpg
昨日島原から帰る途中山木幹事が撮影して下さいました。私にとって宝に成ります。普賢岳を背景での雄姿です。あんつぁんからご指摘頂いた、黄色のテンダーの固定も手直しして在ります。
写真の上でクリックすれば全景が見られます。
スポンサーサイト

回航三日目とおまけ1日プラス

003_800_20131124205523800.jpg
回航三日目の朝6時30分出港!
012_800.jpg
今日からの相棒は大内田氏です。
021_800.jpg
早崎の瀬戸は完全な潮止まりで通過!この時正午
035_800.jpg
実は三日目の目的地は母港では無かったのです、母港の在る、三角港の沖合いを通り越して此処は島原港!大内田氏にも彼がJRに乗った後に知らせたのですが、23日波多セーリングクラブのクルーズ例会が在るけど、入港が難しい!是非とも経験者の会長が誘導して又、会長挨拶をして貰わなきゃ困る!と幹事さんから連絡が在ったのです。小戸で風待ちして遅れたので、予定日前に帰港出来無かったのを取り戻す事に成り、長崎から直接 例会開催地の島原に直行したのです。当然大内田氏も道連れにしてなのです。
037_800.jpg
近くのホテルの温泉に浸かり、タクシーで会場である、舟屋に到着!
038_800.jpg
幹事の柴田氏が開会の宣言!
039_800.jpg
と言う事で福岡から拉致して仕舞った、大内田氏も来賓挨拶で自己紹介と相成りました。
041_800.jpg  040_800.jpg

此処 舟屋はカウンターが漁船なのです。新鮮な魚料理で飲み放題5000円!
043_800.jpg
二次会はEmitanで再度盛り上がり!
045_800.jpg 046_800.jpg
毎朝早起きの癖が付いた私と岩尾氏で朝食の買い付けに行きました。島原鉄道の基地の傍を通りました。
048_800.jpg
Emitanにとまった四人で朝食!
050_800.jpg
セーリングで帰港の途に就いたEmitanに機帆走で追いかけて来た柴田艇です。
と言う訳でヤット波多マリーナに帰港出来て私は2週間ぶりに我が家に辿り着いたのでした。
1週間のアジナンクルーズの直後小戸ヨットハーバーに行き、風待ちで4日間ヤット回航は始めて最後は帰港を一日延期して波多セーリングクラブの例会(忘年会)に出席し、4日目に波多に着いたのでした。2週間ぶりの帰宅に成りました。

やっと小戸脱出!

DSC06264_800.jpg
シンガポールから福岡空港に着いたのが、土曜日やっと雷被害の対策とグレードアップが終了して、帰港出来ます。しかし西よりの風が風力15メートル以上が日月火水と4日間続いて出港出来なかったのです。
もうマリノアはクリスマス雰囲気突入して仕舞いました。
5・6月に8年ぶりのレストアして7月に帰港して7月末の雷で電子機器が壊れて、修理見積もりが出来て、保険会社の査定が出来て福岡小戸に来てから2か月半です。
DSC06266_800.jpg
余りにもの強風で新しく考案設置したフェンダー フック(カムクリート付)が変形して仕舞った程の強風でしたが木曜日出港で新式のレイマリンの航行システムの経験者である、坂本氏に同乗して頂き平戸そして長崎に向かって居ます。
DSC06295_800.jpg DSC06297_800.jpg
二日目は快適な走りが楽しめましたが、新式システムは英語をコンピューター翻訳した説明とあまりにも複雑なので大騒動でバタグルって居た一日でした。坂本氏が乗って下さらなかったら、拒絶反応が起こって居た事でしょう。

http://youtu.be/hjLjzsyHdSQ   此のアドレスをクリックすると真追っ手でセーリング出来なく成った時の動画を見られます。
長崎出島に着くと間もなく大内田氏がいらっして相棒交代となるのですが、取り合えづ、思案橋の宝雲亭で餃子堪能と相成りました。

シンガポール

DSC06065_800.jpg
今回のクルーズ船は殆どが中国人です。多分90%船内のポスタードアーの押す引くも中国語!行事の説明や案内も英語と中国語世界は中国中心に回って居るかのの様です。
DSC06071_800.jpg
友達夫婦も久しぶりにダンス!
DSC06087_800.jpg
誕生日の乗客の為のバースデイケーキですが、10個以上パレードして居ました。
DSC06097_800.jpg
航行中乗客を退屈させないように、運動不足に成らない様に、ダンスの指導
DSC06103_800.jpg
我々夫婦も太極拳24式
DSC06107_800.jpg
次に多い民族はインド人8パーセントかな?多分シンガポール在住?
DSC06139_800.jpg DSC06144_800.jpg DSC06157_800.jpg
あ出発港のシンガポールに戻ってきました。
DSC06183_800.jpg DSC06176_800.jpg
チベット寺院です。多分本国(と言っても中国に侵略された)処でも此処まで立派なお寺は存在出来てないかも?
DSC06223_800.jpg
かの有名なマリナ サンヅ の模型です。
パノラマ_800
そして三つのタワービルの上に乗っかった、船の上からの夜景です。地上120メートルの山や観覧車よりずーっと高いと言うより見下ろした風景なのです。
今回のパックツアーは先ず添乗員があまり気が利かない!その上クルーズ船の日本人案内人が直前の事故で乗船出来なかった事、そしてやはり座礁沈没を起こした、会社かなのか意識させられる、対応9時~11時は少なくとも二日連続でトイレのバキュームが作動しない時間が在り、うんこの上に座らなきゃいけない日が続いた、友達の部屋はコンセントが100ボルトと200ボルトの間違って取り付けて在り、備え付けの湯沸しポットが使えなかった文句を言って工事させたけど多分何年も前から乗客は不自由しても言い出せず、不自由して居ただろう?事あくる日の予定新聞が夜遅くにしきゃ配布されなくて、それを翻訳(本来の係りが居なく、慣れない気が利かない添乗員が作成)届くのは深夜で成る時は明くる日何時に起きて、何処に集合して良いか不明の状態:マナーの悪い中国語で制圧された船内で沈没しなかっただけでも幸いかと思える様なクルーズ船の旅でした。スタッフはそれなりに頑張って居たのだけど、会社のシステムがきちっと出来て居ないので、居心地の悪い期間で在ったのでした。。福岡空港に到着したら自宅に帰らず、小戸ヨットハーバーのEmitanに直行した私でした。一緒に回航して下さる、友達は明日のレース参加が在るので、回航はそれ以降に成りますが、天候がちょっと不安です。でも23日には波多セーリングクラブの行事も控えて居るのです。
未だ帰宅して居ません!ヨットの中です。天候も良く無くて出港出来ません!と言う訳で我が家のマーライオンの良いs画像が在りませんが、工事中のが一枚在ったので、紹介します。リサイクルショップに置いてあるのを見つけて、2万円で仕入れて来て口から水が出る様に改造した物です。落差利用なので水の出が悪いのです。一度撤去してベースをFRPで造り直し、今度は池の水をソーラーパネルでポンプアップするシステムにしようと思って居ます。ソーラーパネルとポンプの組み合わせのアドバイスお願いします。
マーライオンと魚_800
泳いでいる魚は裏の川から投網で捕獲して来た、ハヤの子孫です。秋には沢山に成りますが、春には数百匹に減少します。カワセミや白サギやアオサギ等が数の補正をしてくれます。

ランカウィ 島 (茶色の鷲)

DSC06023_800.jpg
今日は岸壁に接岸出来た、ランカウィ!茶色の鷲と言う意味だそうです。マレーシャの島です。
DSC06025_800.jpgDSC06037_800.jpg DSC06045_800.jpg
イーグル公園です高さ12メートル。のモニュメントの在る公園
DSC06047_800.jpg DSC06049_800.jpg
物産館で記念撮影”
DSC06052_800.jpg DSC06055_800.jpg
DSC06056_800.jpg
此処は米資料館マレーシヤの伝統的米つくりの資料館、だから何だ!って処かな?
P1010128_800.jpg
一応記念撮影面白みの無い島!物価は極端安く、免罪の島だそうです。

プーケット島 上陸

DSC05785_320.jpg DSC05793_320.jpg DSC05795_320.jpg
テンダーボートでビーチに上陸しました。左がコスタ ビクトリア号です。ビーチで泳ぐのは白人だけだそうです。
DSC05796_320.jpg DSC05810_320.jpg DSC05814_320.jpg
DSC05825_320.jpg DSC05831_320.jpg DSC05833_320.jpg
寺院の見学やモンキーショーそして像公園に行きました。
DSC05844_320.jpg DSC05861_320.jpg 猿の芸は椰子の実取りに訓練されたのを活用してありました。
像のサッカーやバスケットボール:今日芸そして像の足のマッサージ!日本人で出てくれる人居ませんか?と言う訳で私が犠牲に出馬!
DSC05872_800.jpg DSC05873_800.jpg DSC05874_800.jpg

単に足が触るくらいと思って居ましたが、結構の圧力を感じて気持ち良くて癖に成りそうな適度の圧力が在りました。良き経験でした。
DSC06009_800.jpg

像ライディング記念に成りました、写真撮影は像の動きで大きく振れるので、ズームアップは無理でした。
DSC06008_320.jpg
船に戻り遅めの15時過ぎの昼食でした。イタリヤ船ですので、ピザを楽しみました。
船窓からは夕日が・・・・・・

コスタ・ヴィクトリアで行く!アジアンリゾートクルーズ6日間

2013-11-11
シンガポールの夜景です。出航前のひと時
2013-11-11DSC00032_320 2013-11-11DSC00034_320
幼馴染夫婦との旅行です。彼らも後で登場します。
2013-11-11DSC00044_320 2013-11-11DSC05745_320
船室からの眺めです。この船はかの有名な座礁 沈没した会社の船なのです。あの時は非常訓練をしてなかったと、非難されたので、現在は真剣さが伝わって着ました。
2013-11-11DSC05750_320
今までの船よりちょっと小さめです。はて何トンだったっけ?後で調べます。
2013-11-11DSC05756_320 2013-11-11DSC05758_320
乗客を楽しませる為のイベントです。地域的に中国に近いし安かったので、殆どが中国人それに復権してきた、インド人なので、ちょっと、、イヤ随分雰囲気が低俗です。が乗りは日本人よりあります。
2013-11-11DSC05759_320 2013-11-11DSC05760_320
2013-11-11DSC05762_320 DSC05767_320.jpg
小学校から高校まで同級生だった夫婦とのディナー風景

シュロガヤツリ

シュロガヤツリ  
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%A4%E3%83%84%E3%83%AA  
先日紹介した、シュロガヤツリですが此のままだと、来年はあたり一面シュロガヤツリだらけに成るでしょうから本日撤去しました。
2013-11-10004_800.jpg
川底はFRPでコーティングしていますので剥がすのはそれほどでも在りません!
2013-11-10005_800.jpg
それでも重たいので、分割して撤去しました。川底の砂利も咬んで居たので重たかったのです。
2013-11-10002_800.jpg
デイゴの枝も殆ど剪定撤去しました。落ち葉で川が埋まるのを防ぐ為です。それに切らなきゃ、ドンドン大きく成るだけなのです。龍が這って居る様に見えませんか?

九重花公園&紅葉狩り

DSC00632_800.jpg DSC00639_800.jpg
DSC00630_800.jpg
コンナ処が近場に在るなんて、知りませんでした。
DSC00641_800.jpg
此れは倒木の幹を切り取った根っこです。つい最近崖崩れで川に落ちた様で、チェーンソーの鋸くずが散乱して居ました。
DSC00646_800.jpg
此れは本物では在りません!誰かが趣味で造ったレプリカです。
DSC00649_800_201311091004585c1.jpg
此れはバス停で巣。白人の人は着ている服も紅葉しています。
有料道路_800 瀬の本高原 三愛パーキングの直ぐ傍に有料道路が在ります。前日来宅した保険代理店の社長が教えてくれた、処です。紅葉が美しかった!と言う話でした。
DSC00662_800.jpg DSC00675_800.jpg DSC00692_800.jpg DSC00684_800.jpg
まるで紅葉見物の為に造られた道路みたいでした。
DSC00699_800.jpg DSC00714_800.jpg
くじゅう花公園 入場料1000円 立派な公園でした。シニア料金までは3年足りませんでした。
DSC00716_800.jpg DSC00726_800.jpg DSC00752_800.jpg DSC00754_800.jpg DSC00773_800.jpg DSC00774_800.jpg DSC00775_800.jpg DSC00778_800.jpg DSC00781_800.jpg DSC00782_800.jpg
四季折々訪れても楽しそうです。
DSC00787_800.jpg DSC00792_800.jpg DSC00802_800.jpg DSC00773_800.jpg
帰りは山並みハイウエイを走りました。熊本は良いなー!近場でコンナ処が在るんだもんね!

回航断念

3日文化祭が終わって、小戸にヨットの回航に向かいました。一泊してイザ出港!ちょっとしたアクシデント発生!そこで小戸ヨットハーバーに逆戻り、一泊は陸電なしだったのですが、発電機での充電機能で障害発見!他にも気に成ったことが幾つか在り、回航予定の期間小戸に滞在して、打ち合わせをする事に成り、昨日夜帰宅
2013-11-7DSC05700_800.jpg
川池の通称破れ傘夏には大きな株を撤去したのに、今日は彼方此方に発生して居ます。此れが来年夏には全部大株に成って仕舞う事でしょう・今の内に芽を摘まなきゃいけませんね。シュロガヤツリ  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%A4%E3%83%84%E3%83%AA  
2013-11-7DSC05701_800.jpg2013-11-7DSC05702_800.jpg
パール柑の実が大きくなって、重たく成ったからでしょう。実が地面に付いて居ました。ポールを立てて引き上げました。
DSC2013-11-705699_800.jpg
玄関前のアメリカハナミズキ完全に紅葉して居ました。
span>

文化祭の掛け持ち

2013-11-3DSC05540_800.jpg
2013-11-3DSC05506_800_2013110318253242e.jpg
南国植物を温室に入れる際選定をしたので、花瓶に挿しました。
2013-11-3DSC05511_800_20131103182532868.jpg
午前中は不知火町の文化祭です。会長はお隣の相年の尺八のお師匠さん
2013-11-3DSC05515_800_20131103182531524.jpg 2013-11-3DSC05517_800_20131103182530163.jpg 2013-11-3DSC05521_800_201311031825285be.jpg 2013-11-3DSC05535_800_20131103182528dd8.jpg

2013-11-3DSC05557_800.jpg 2013-11-3DSC05560_800.jpg

昼からは宇城市の文化祭です。
2013-11-3DSC05563_800.jpg 2013-11-3DSC05568_800.jpg 2013-11-3DSC05589_800.jpg 2013-11-3DSC05591_800.jpg 2013-11-3DSC05593_800.jpg 2013-11-3DSC05601_800.jpg 2013-11-3DSC05602_800.jpg

2013-11-3DSC05615_800_20131103183647724.jpg 2013-11-3DSC05618_800.jpg

2013-11-3DSC05621_800.jpg 2013-11-3DSC05637_800.jpg

2013-11-3DSC05646_800.jpg 2013-11-3DSC05650_800.jpg
ヨットが出来たので福岡に取りに行っています。現在新幹線の中から発信して居ますので雑な報告で済みません!後で修正します。

芭蕉との戦い!松尾さんとは違います。文化祭も開始

051_800.jpg 052_800.jpg

矢張り心配して居た通り、芭蕉の芽が出て来ました。此れから一年根競べでしょう?!
054_800.jpg
取り合えづ大型鉄バールで堀起こし、耕運機で耕しをしつこくしました。此れからがどちらが諦めるかの勝負です。多分来年の秋まで続く事でしょう。動画も見て下さい(  http://youtu.be/yyxlDyvvxvo  )
055_800.jpg
ツワ蕗の斑入りと斑なしが咲いて居ます。未だアメリカ芙蓉も元気です。
049_800.jpg
今日から宇城市の文化祭開始です。明日は不知火町と宇城市の文化祭の掛け持ちで、その後小戸行きです。コンナ忙しい隠居老人が他に居るのでしょうか?

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。