カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の芝刈り手入れ道具機械

2011-8-29DSC00593_.jpg 今日は芝刈りの道具を紹介します。左から乗用芝刈り機次はエンジン式ブロアー次が刈払い機そしてその隣はエンジン部分が背中に背負う刈払い機でナイロンロープをセットしたものです。
2011-8-29DSC00594_.jpg ナイロンロープ仕様の状態です。要するに鞭で叩き切る方法ですが樹木を傷付け難いし、石に当たっても、ブレードが損傷する心配が在りません!ただ鞭で打ち砕いた草の破片が飛び散りズボンも汚れるので、レインコートのズボンを履きます。暑いです。勿論ゴム長履いてです。
2011-8-29DSC00595_.jpg 此方はブレードタイプで良く切れるが石に当たると切れ味が直ぐに悪くなります。刃先にダイヤモンドチップが付いているタイプは高級品
2011-8-29DSC00596_.jpg エンジンブロアー此れは仮払い機で飛び散った芝や枯葉を吹き飛ばして集めますが、私は庭の中央に集めるだけで、バキューム機能のある乗用芝刈り機で芝刈りしながら収集します。
2011-8-29DSC00597_.jpg 此れは電動トリマーです。剪定ハサミでは時間が掛かるので、モーターで刈り込みます。まあ!バリカンの親玉みたいなものです。在る時ハサミで剪定している庭師さんに何故トリーマーを使わないのですか?と聞いたら、早く仕上がったら日当を貰い難いでしょう!と言う返事でした。色々事情が在るんですね。
2011-8-29DSC00598_.jpg 此れは大バサミ小枝を切るのに使います。
2011-8-29DSC00599_.jpg 松葉掻き此れは使わない時には畳めます。
2011-8-29DSC00601_.jpg 刈り払い機の回転部分にはグリスを注入しないといけませんが其れを知らない人が結構居ます。現在グリス切れの状態です。
2011-8-29DSC00602_.jpg キャップには小さな穴が側面に在ります!此れはブレードを交換する時に空回りしない様に細い棒を差し込みます。
2011-8-29DSC00604_.jpg でも私は発見しました此の穴からグリス注入出来る事を!
2011-8-29DSC00606_.jpg ホームセンターにグリスアップポンプの先に尖ったアダプターを売ってあるのを見つけたのです。
2011-8-29DSC00610_.jpgブレードを回転させて、先ほどの穴を合わせて尖ったアダプターを差込みポンピングすればご覧のように継ぎ目からグリスが溢れて来ました。
2011-8-29DSC00611_.jpg 他の人は此の六角ボルトを外して、グリスを指で押し込んで居ます。何と非能率的な作業でしょう!お気づきの方が在るかも知れません!此の六角ボルトを外してグリスニップルを取り付ければ普通のグリスアップポンプで簡単に注入出来るはづです。其処まで辿り着くのに数年係りましたが、今は不自由しないので、このままで使う積りです。
DSC00612_.jpg 何れもナイロンロープを自動的に(短くなったら中から出て来る)排出する装置ですが色々使ってみて現在は黒い奴に落ち着きました。
DSC00615_.jpg DSC00616_.jpg 
一回芝刈りするとコンナに出ます。処分仕切れません!!でも隣の方が自分の田んぼの堆肥つくりに使うを持って行って下さるので、助かります。
エー仕事
スポンサーサイト

<< 24式太極拳選曲 | ホーム | 台風対策でも・・・・ >>


コメント

南国リゾート?

手入れの行き届いた庭は、まるで南国のリゾートみたいですね。
それにしてもすごい種類の道具の数々。庭師泣かせですね。
ちなみにナイロンロープを巻く赤いやつ、私も同じのを持ってます。

特別価格

実はね!トリマーと背負いタイプの刈払い機は両方で1万円でした。実家の家を処分したいので、置き場所もないので、買ってくれないか?と相談が在ったのです。中古だけど、トリマーには興味が在ったし、刈払い機も安物しか使った事が無かったので、手持ちの安物もそんなに長持てもしないだろうと、申し出を受けたのです。その他リョウビの船外機仕様のポリエチレンボート2.3mも彼から1万円で買いました。新品ならネットで10万円弱の価格でした。両方とも是非必要と言うわけでも無かったけど、成り行きでした。
赤い奴ね私が最初に飛びついた物でしたが、自動排出がスムーズに行かない事があったのです。そこで人から仮払い機を選んで欲しい!と頼まれた時黒を選んだら、超スムーズだったのです。それに簡単に蓋を開けられるのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。