カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扇風機台続き

2011-12-15DSC03296_.jpg 結果的に後方にデッパッてラップホルダーの上にでていた部分をカットして前方部にステージを出しました。すると後方のビス止めが不可能に成ります。そこで固定せづに、乗せただけで扇風機を作動してみましたが。固定無しで倒れる事も無く大丈夫だったので、マジックテープで簡単に固定する事にして、塗装してみたら。何とブツブツ穴だらけが暴露されました。
2011-12-15DSC03302_.jpg どうやら材料に問題が在った様です。数ヶ月前に紹介した職業訓練所の練習試験作品の廃材を利用したのですが、流石に!練習用!!ゲルコートとFRPの接着状態が極めて悪く、ゲルコート部分をサンディングしたら、気泡だらけが露呈したのです。シンナーで塗料を除去して気泡箇所をカーボンポイントで開拡しました。そしてレジンとタルクを混合してパテを作り、穴埋めしました。未だ写真撮っていないので今から撮影に行きましょう。又後程・・・ハイ戻って来ました。
DSC03303_.jpg もう固まって居ました。明日にサンディングして再塗装トライする積りですが、又気泡が残って居るかも?
スポンサーサイト

<< 扇風機台完成? | ホーム | 海水ビルジ異常なし >>


コメント

試験作品の廃材を利用されたので、たぶん受験生のFRP樹脂の貼り付けがまずかったのでしょう。お解りのようにガラス繊維の上からFRP樹脂を貼り付ける際、刷毛で叩きつけるようにしっかり空気を抜きながら作業しなかったのでしょう?それが原因で巣が出来ますよね。

強度

今迄コンナ事は経験していませんでした。技術不足だけで無く、理屈が解って居ない状態で作業した結果でしょう!矢張り丁稚奉公は大切ですね。授業で習っただけでは、単なる傍観者です。見た目には判らないけど強度は大きく違うでしょう。恐ろしい事です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。