カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴門海峡潮待ち沼島から牛窓ヨットハーバー

DSC06307_640.jpg MMさんはIBM出身なのでパソコンも詳しいので頼りに成る人です。
DSC06314_640.jpgDSC06317_640.jpgDSC06319_640.jpgDSC06319_640.jpg
DSC06320_640.jpgDSC06322_640.jpg
鳴門海峡は渦潮で有名ですが、逆潮だと前進出来ません!沼島で潮待ちしてイザ出港と言いたい処ですが、9時の潮止まりだが、係留した鉄船は6時に出港するので、それまでには離れなけねば成らない!仕方が無いのでユックリと進んで時間調整9時の潮止まりに逢わせたけど、やはり少々の渦は在りました。何にも無いよりは楽しいです。MMさんも興奮気味でした。
DSC06327_640.jpg MMさんもご満悦!
DSC06337_640.jpg 昼食はプルコギと味噌汁と沢庵です。
DSC06338_640.jpg さあ牛窓です。でも此方は海の駅登録して居た方のリマーニだが、海の駅返上したそうな?
DSC06343_640.jpg 県営 牛窓ヨットハーバー 県の重要ポスト退職者が管理して居るらしい?!今回停泊した中で最高額の4500円でした。年間保管料も50万円と西宮料金だそうです。
DSC06341_640.jpg 此処でMMさん離艇です。以前からの予定が入って居るそうです。タイミング良く電車が在ったので忙しくお別れ!タクシーで駅まで・・・短い間でしたが、楽しく又勉強に成りました。
又逢う日まで・・・・・・
DSC06350_640.jpg 別れの後は即で逢い!此のEmitanは6年前迄此処でこじまと言う艇名で過ごして居たのです。其の時の仲間(パイオニア9パイロットハウスのオーナー)の重藤さんとで逢い、話が合って、雑談して居る中で風呂の話が出て、彼だけの秘密のお風呂に誘って頂きました。良かったです。
そして食糧の買い出しも車で20分(本当に便利の悪処)(まあ!小さいスーパーは歩いて20分も歩けば有るのですが、)のスーパー迄連れて行って下さり、その後夕食も一緒に食べに行き、Emitanでコーヒーを飲みながら此の海域の情報を教えて頂きました。有りがたい事です。謝謝だから必然的に明日の日程も決まりました。あはははは!
スポンサーサイト

<< 牛窓から弓削一人 | ホーム | 白浜から沼島 >>


コメント

Mさんは牛窓で下船ですか。熊本まで行かれるのかと思っていました。牛窓は係留料がお高いですね。
沼島の離岸が早かったので、転流時までに少し時間があるな~とは思っていましたが、無事、鳴門海峡を越えてよかったですね。これからシングルハンド。ご安航をお祈りします。

一人です

ハイ!MMさんは最初から31日に用事が在るとお話が在りましたので、一日余裕を持って交通の便が良い処で降りて頂きました。それに牛窓は此の艇の故郷なので、一度はと思って居たので、高くても良いと思って入港しましたが、利便の悪さと事務所から出ない職員(元県職員):に呆れました。出逢った人も、もっと安くて利便が良ければ、死ぬまで此処に居るのだが、とボヤイテ居られました。高くて人が寄り付かない方が仕事が無くて楽だそうです。

もう牛窓ですか。帰りはハイペースのようですね。実は我が愛艇松芳丸の故郷も牛窓でした。エミタンと同じとはびっくりです。シスコからの帰り東京の娘のところに滞在し今日やっと玉名にたどりつきました。波多で会える日を楽しみにしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。