カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新門司海の駅

DSC06586_640.jpg  DSC06587_640.jpg  DSC06589_640.jpg
今日も霧の中の出港です二番目の船はアンカリングして居たのです。100メートルぐらい離れた処を航行中波多マリーナのチェーンさんと電話して居たら、突然大きな低音の汽笛が成ったので電話を中断して外を見るとどうやら傍に寄るな!と言って居たようだ。此方も汽笛を鳴らして、気付いて居る事を表明し、少し左へ舵を取ったのでした。
DSC06589_640.jpg
航路脇にはこんな物が、何なんでしょう?潮位か潮流測定装置か、・・・・・
DSC06590_640.jpg 此れが新門司マリーナへの風景です。ヨークプロッターの航路案内を確認しないといけないのです。前回経験したのですが、画面拡大して確認が必要です。
DSC06591_640.jpg  そして左に曲がると此の風景に成りテトラポットの間に入口が見えました。
DSC06592_640.jpg  Emitanの航跡です。あとは一寸してから、 ハイ!夕食を艇内で済ませてシャワーに言って居ました。夜間のシャワールームは男女の区別の処にシャッターが降りて男女兼用に成るのです。と言っても、男も来ませんでした。でもちょっと期待はする訳無いでしょう!
DSC06593_640.jpg  舫いを取って下さったのが、此の人風小町のオーナーNさん ( http://blogs.yahoo.co.jp/takoyakiya999/folder/18489.html )いきなり小笠原からの帰りだね!なんとEmitanのブログを見て居て情報を把握なさって居たのです。3年前に立ち寄って名刺を渡して居たので、覚えて居てそれ以来時々ブログを見て居たのだそうです。現金が心許無く成りかけて居たのでコンビニにつれて行って下さり、弁当をEmitanで一緒に頂きました。
DSC06594_640.jpg 此れが彼の艇です。大きい!
DSC06595_640.jpg
そうこうして居ると給油の時に立ち話したRさんも偵察に・・・Emitanの処改造にあきれ果てて居られました。懲りすぎて居て、周りの者がやる気を無くすので、傍迷惑だ人だと言われました。此れからのルート等教えて頂き感謝です。でも彼等が帰って仕舞うと、本当に一人ぼっちに成って仕舞ったのでした。
DSC06598_640.jpg 夕食は残り物整理です。海老チャーハンnミックスベジタブルを追加、ピーマンの千切りを卵でまぶして炒めた物を乗せてコーンクリームシチューそしてキムチでした。
DSC06599_640.jpg シャワーに行こうとしたら、久しぶりの九州の夕日です。
DSC06601_640.jpg マリーナ会館は今日の結婚式の余韻を感じさせました。お休みなさい!
スポンサーサイト

<< 関門海峡通過そして天気は良いのに大荒れ | ホーム | 倉橋から姫島後日報告 >>


コメント

以前新門司マリーナにやはり潮待ちで入港したことがありました。九州の海の駅の中では高いとスタッフが言っていたのを思い出しました。
いよいよ関門ですね。

門司

そうです関門です。その次が問題です。大島か一気にマリノアか?それから関門大橋をくぐった直後に左側に船溜まりが在りポンツーンに係留出来る噂が流れていましたが、係留禁止!の新しい張り紙が貼ってあるそうです。どちらにしてもあうんより小さな艇で大きなのは以前から無理して居たそうです。桟橋の外側に柱が在るので、大きいと危険です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。