カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予備タンクの問題(元汚わいタンク)

DSC08022.jpg
この春ずーっと向かい風で小笠原に行った時、燃料の予備タンク(元汚わいタンク)を開けて利用を試みました。荒海ですので、メインタンクに移ったかどうか、確認出来ませんでした。予定では燃料だけでも、種子島から小笠原迄行けるはずだったのだけど、ちょっと不安に成り、最後の一日分ギリギリで小笠原に到達出来そうだったけど、燃料切れだけは避けたかったので最後の100マイルはセーリングだけで二日間かけて無事到着しました。そして小笠原で燃料補給した時予備タンクに補給したら、十数リットルしか入りませんでした。多分80リットルくらいは入ると想定して居たので、訳が解りませんでした。
処が母港に帰って、予備タンクを開けたけど、何となく少ししか流れなかった様な気がしたのです。
DSC08032.jpg そこで燃料補給口を開けた処ゴボゴボと言う音がして予備タンクの燃料はメインタンクに流れ込んだのです。
なーんだエアー抜きが付いて居なかったのかー!と思い、チェックしました。
DSC08010.jpg DSC08012.jpg DSC08011.jpg
でもちゃーんとエア抜き排出口は在ります。ホースもタンクの上部に繋がって居ました。
DSC08035.jpg DSC08034.jpg
エアー抜きホースを外して見ました。口で吹いて見ましたが、抵抗が在りました。水道水も水を出すと、接続部から水が吹き出しましたが、強く押さえて蛇口を開けたら結構勢い良く水は出ました。でも何となく径が合わない状態の様が気がします。
DSC08025.jpg DSC08026.jpg
新しい耐油性ホースを買って来ました。口で吹くとスムーズ息が出来ましたのでセットしました。多分此れで解決したと思います。思わぬ問題が隠れて居たものです。こんな問題が隠れて居たなんて思いもしませんでした。
DSC08029.jpg
術前の写真撮影を忘れて居ました。チーク板はビス止めして在ったのに3枚浮き上がって居ました。他にもしなきゃいけない事が沢山在ったので、帰港してから半年近くかかって仕舞ました。剥がしてコーキング剤を綺麗に取り除いたけどそれでも収まりませんでした。やはり木が膨張して居たからこんな現象が起こったのでしょう。
DSC08027.jpg 荒いサンドペーパーで調整してコーキング材が余分な処にクッツカ無い様にマスキングテープを張って試適!Okey!ドリルで下穴を開けました。オットその前にビスの刺さっていた穴を開拡してFRPパテで穴埋めをして居ます。此の作業だけでも結構大変でした。
DSC08030.jpg 黒のコーキング材を塗り込みます。
DSC08031.jpg タッピングビスで締め付け上からコーキング材の足らない処に補充しまして、後は後日考えます。テープを剥がす前にサンディングした方が良いのかな?どなたか教えて下さい。
スポンサーサイト

<< 曼珠沙華 | ホーム | 秋の花 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。