カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能崎 知文 船長の面影

1055.jpg
2000年6月私(牛深ハイヤ)とフライイングがグァム島に出港すると言うう事で、壮行会を能崎船長の提案で開いて頂いた時の写真です。偶然にも丁度同じ辰年でした。左端が私でその隣が能崎 知文 氏です。
img186.jpg img213.jpg
その当時の父島の二見港風景です。
DSC05363.jpg 今年Emitanに遊びに来られた時の彼の写真
DSC05367.jpg 舫いロープの簡単な外し方が出来る方法を彼から伝授して頂きました。此の手は彼の手です。
DSC05605.jpg 八丈島の温泉での湯上り風景です。ここで3000円のレンタカーを教えて頂きました。レンタカー屋が閉まる直前だったので、彼に送って貰いギリギリセーフ!
DSC05614.jpg 翔鷗号は神港で私が止めた八重ねとは南北反対側でした。
DSC05621.jpg でも彼らはワザワザ八重根港迄様子を見に来て下さったのでした。
DSC05949.jpg 此れは今年のケンノスケカップ出艇の折、乗組員が足りないと言ったので彼が助っ人に乗って下さった写真で良い記念に成りました。
DSC05953.jpg レース中の横顔
DSC05962.jpg レース終了後くつろいで居る風景です。あんつぁんもお見えでした。
台風に遭遇した時、お粗末な港だったら、入港せず、外洋で凌いだ方が安全だと諸先輩から習いました。でも嵐で疲れ切って居る時に又丸一日荒海で耐える気力が残って居るでしょうか?島影が見えるのに・・・・
18年前太平洋でヒーブーツも試みました。バウからのシーアンカーも試しました。でも船体に当たる風だけでシーアンカーを引きずって走りました。気を取り直して、スターンから入れ直したけど何の効果も無くばく進しました。大変でした。
スポンサーサイト

<< 溶接機 | ホーム | 翔鷗号 >>


コメント

港に入っても安全とはいえない

「ひなの」のクルー、マンボーさんのブログにも写真が載っていますが、この港は普通の日でも大波が岸壁を越えてくる所でした。
http://heymanbow.exblog.jp/16936431/

能崎さんとの写真、記念に頂きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。