カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーブの薪の為巨木伐採

017_512.jpg
ストーブ用の倉庫の一つテント小屋の薪が無くなり空のコンテナを収納が今日の朝に終わった。又収納場所が出来たので、どこかから伐採依頼が来てもOkeyの状態に成りました。
005_512.jpg
そしたらその一時間後お向かいのアンちゃんが声を掛けて来ました。裏山に在る木を切らないか?此の竹やぶの中に在る大木の落葉がワズラワシイので無い方が助かる!と言う。
006_512.jpg
登って現場確認して尻込みして仕舞いました。多分この木の直径は1メートルは在りそうですし、他にも大木が在ったのです。
009_512.jpg
最初に取り掛かった木の崖下の側を楔状に切り込みを入れて山側から切り始めたのです。セオリー道理でしたが、ご覧の様に倒れませんでした。ちゃんと上部の切り口はこの様に開いて作業は問題無いはずです!実は隣の巨木の枝にひっかかって居たのです。困りました!巨木にハシゴを掛けて、登り大きな枝にしがみ付いて、その大枝を切り落とす、必要が在るのですが可也危険です。いや不可能です。
015_512.jpg
仕方ないので右に見えている3本の切り口が見えて居ますが、他の2本の木を切り倒した後巨木に挑戦しました。怖かったです。巨木だけで無く、寄りかかった木の動向も考慮しなけねば成らないのでした。
012_512.jpg
裏山から倒れて来た木が見えますか?
016_512.jpg
我が家の庭からの風景です。それにしても凄いタイミングで伐採の話が来たものです。一応全部切り倒しましたが、これ等を薪のサイズに切り、我が家に持ち帰り、コンテナに収納し、テント小屋に収納し終わるのは一週間以上掛かるでしょう。毎年一ヶ月は薪造りについやしています。今年67歳に成りますが、幾つまで続けられるでしょう?
スポンサーサイト

<< 偶然の再会! | ホーム | 今日は氷点下 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。