カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン美術展イン九州

九州国立博物館パンフ_640
大宰府天満宮パンフ_640
現在九州国立博物館でボストン美術館 日本の美術の至宝を開催中です。一度も行った事が無かったのと、普段はボストンでしか見られないのだから、薪の伐採の気分転換と嫁さん孝行も兼ねて見学に行きました。
2013111001_640.jpg
高速道で前を走っていたランボルギーニがパーキングエリアに入りました。私達も休憩です。
2013111002_640.jpg
博物館の建物の全景です。総ガラス張りで周りの風景画写っていま巣。
2013111007_640.jpg
会場に入ると博多ドンタクの山車が中央ロビーに展示して在りました、大きいです!
ボストン_640 ボストン内容_640
展示室は撮影出来なかったので、パンフレットをスキャンしました。
明治維新で何でも西洋文化そ言う風潮で、日本文化をなおざりにした時期処分されそうになった文化財を岡倉天心やアメリカ人によって、保護されてボストン美術館に収納されていた物を修復展示されたのを期に日本でも紹介される事に成ったのです。絵画の手法で現在の漫画技法がふんだんに取り入れられて居るのが面白かったですね。200年以上前に漫画が存在していたようです。走る車輪はリムを回転している様に見せたり、裏側の風景を見せたり、ピカソ風な顔の表現だったり(特に龍の顔)
2013111025_640.jpg 2013111024_640.jpg
博物館は太宰府天満宮の裏山に在り、大きなエスカレーターで繋がって居ます。
2013111008_640.jpg 
2013111009_640.jpg先ず目に付いたのが麒麟像
 2013111012_640.jpg 2013111014_640.jpg
次が有名な飛び梅です。つぼみも膨らんでいました。
2013111019_640.jpg 2013111018_640.jpg
次が橘(たちばな)柑橘類の代表の様な名前ですね。 http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%BF%E3%83%81%E3%83%90%E3%83%8A/
スポンサーサイト

<< 伐採後の枝落とし | ホーム | 薪割り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。