カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒドイ!素晴らしい!腹が立つ!のんびり出来た又逢った

201354DSC02496_512.jpg 201354DSC02499_512.jpg 201354DSC02503_512.jpg 201354DSC02504_512.jpg
万関橋です。かっては一つの島だった対馬だが、明治33年軍艦を通すために、掘り削られた人工の瀬戸が下島と上島を隔てている。やっと伝説の運河を通過しました。
201354DSC02509_512.jpg
いよいよ浅茅湾突入です。http://100.yahoo.co.jp/detail/%E6%B5%85%E8%8C%85%E6%B9%BE/
201354DSC02516_512.jpg 201354DSC02524_512.jpg
201354DSC02528_512.jpg 201354DSC02529_512.jpg 201354DSC02530_512.jpg

あうんさんから聞いて居たグリーンランド桟橋に仮の係留をしました。丁度見回りに来ていた保安庁の方々と検査を兼ねて歓談しました。以前三角島原フェリーに乗って居たそうです。
201354DSC02532_512.jpg 201354DSC02533_512.jpg
韓国人観光客の為の遊漁船さいかい丸がやって来ました。奥さんは天草の福礼木出身だそうで、懐かしそうでした。福礼木の子守歌で有名ですよね!と言ったら益々大喜び!その後もっと奥の探検の為に出港。
201354DSC02539_512.jpg 201354DSC02542_512.jpg 201354DSC02546_512.jpg
どの入り江に入っても人家や集落が在ります。ヤハマモーターセーラー30も居ました。廃船の上には森が出来つつ在りました。
201354DSC02549_512.jpg 201354DSC02551_512.jpg 201354DSC02552_512.jpg 201354DSC02553_512.jpg 201354DSC02554_512.jpg 201354DSC02557_512.jpg 201354DSC02558_512.jpg 201354DSC02559_512.jpg 201354DSC02561_512.jpg 201354DSC02563_512.jpg 201354DSC02564_512.jpg 201354DSC02565_512.jpg
もの凄い設備です。全部厚生年金のお金を流用して建設されたものです。使いもしない設備必要以上に立派な設備宮さんと外から見えにくい処でこんな無駄使い流用だと憤慨しながら歩きました。でも4日だけで1200人以上対馬に韓国から観光客が来訪したそうで、ここにも大勢の韓国人でごった返していました。暫くしたらまたしてもホワイトタイガーが桟橋にやって来ました。良く逢うものです。必然的に食事も温泉も一緒に成って仕舞いました。
スポンサーサイト

<< 浅茅湾クルーズ | ホーム | 対馬 厳原へ >>


コメント

コメント 操作ミスでした!

エミタン  せつかくコメントを書いたつもりでしたが 管理人だけしか開けないように(ミス)指定していました。  
対馬の湯多里センターは かつて天候不順で入り浸りでしたので 懐かしい光景のままでした。  エミタンもよい航海を!  ふげん

日本海海戦

エミタンの写真にある「万関橋」を拝見したので 割り込みをお許し下さい。   日本海軍は浅茅湾内に水雷艇基地を持つていて 万関橋を通って日本海に出たり 或いは橋を通らずに朝鮮側に出れるように両面に備えていたそうです。

明治37/5/27日本海戦では 「天気晴朗なれど波高し」 と開戦の知らせを打電されているが これは「波が高いので水雷の参戦は不要」 との暗号だつたらしい。 夜襲には参戦できたらしいけど。

因みに 万関橋が明治33年に完成していたので 昔の人は先見性が見事だつたようです。   割り込みゴメンなさい。  ふげん

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。