カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の庭

DSC08868_.jpg アメリカ芙蓉の蕾が開かないまま、一月経過しました。でも葉っぱが全部落ちても枯れもしません、落ちません!
DSC08873_.jpg DSC08878_.jpg
蒲の穂が枯れて居ます。このまま放置すると、春に新芽が出た時ハイブリッドになって除去し難くなるので、今の内に刈り取りました。鎌で刈ろうとしましたが、切れません!簡単に研いで見たけど、矢張り駄目!仕方が無いので、エンジン式刈払い機で作業しました。昔の人は大変だったのだなー・・・子供の頃サラブレットを親父が飼っていたので、草刈は得意だったのですが、蒲は切り難かったです。
DSC08879_.jpg 地湧金蓮(http://www.crimson-systems.com/kusa2.htm)も此の有様ですが、春には又回復します。
DSC08877_.jpg数メートルになったアメリカ芙蓉も枯れた様な雰囲気ですが枝の大きい処は生き残って来春に新芽が出て来ます。その時枯れた部分を切り取ります。
DSC08875_.jpg DSC08876_.jpg 枇杷の木は花がイッパイです。半年掛けて食べ頃に成るのです。
DSC08870_.jpg パール柑の実がショッチュウ落果します。完熟だからでは無いと思います。でも食べてもマアマアです。処がです。
DSC08871_.jpg 4年目を迎えた若木は此の様に実の大きさも大きいし、全然落ちません!前述のは叔父さんが数十年前に甘夏蜜柑の台木にパール柑の枝を接木した物です。要するに老木なのです。矢張り生命力が違いますね。
スポンサーサイト

<< ソーラー換気扇 | ホーム | 元旦は雪の初詣 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。