カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフラフト ホルダー 製作途中経過

DSC08947_.jpg左がタルクの袋です。右がガラス繊維のクロスです。今回の材料で思い切って大量購入した物です。他は今迄入手していた小分けですが、クロスは船具屋が250mm幅にカットした物が売れ残って居るので、1万5千以上を半額で良いから処分に協力してくれないかと相談されたので、多分3分の1ぐらいは直ぐに使うだろうし、その分ガラスマットが少なくて済むだろう、此の間買った未開封のマットを返品しないから、タルク3800円とクロス7800円両方マトメテ買うので、1万円でどうか?と持ちかけた。計算していて、10500円なら・・・と言われOkeyして支払おうとしたら、小銭は百円硬貨3枚と十円硬貨数枚だった。それを見せたら、ジャー10300円で良いよ!と言われた。十円硬貨も全部渡そうとしたら、収めて下さい!と言うので、結局10300円でタルク一俵クロス60mを契約完了!クロスもタルクも使い切れないだろうけど、材料不足で作業中断発生より良いか!此れだけ安く買えば半分しか使わなくても、金銭的には無駄に成らない!
DSC08989_.jpg船舶修理屋の廃材?材料?置き場で厚みの有るFRP板を千円で譲って貰って来ました。表面をサンディングして両面にレジンを含侵させたクロスを張りました。此れはステンレスアングルの上にライフラフトのホルダーを固定する為の基盤です。追々姿を紹介して行きます。
DSC08991_.jpg 少し湾曲していたので、窪みにレジン液で練ったタルクパテを乗せ,分離材代わりに張ったマスキングテープの上に裏返して乗せ、重石を掛けました。此れで窪みがタルクで埋まり、平らになるはづです。異常低温の冬だから、硬化まで一日置きます。夏なら2時間で済みます。
スポンサーサイト

<< ライフラフト ホルダー途中経過 | ホーム | 日曜日の朝から >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。