カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地湧金蓮と花々そして山鳩:溶接

DSC00056_.jpg

地湧金蓮http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tiyukinren_large.html が咲き始めそうです。冬は完全に枯れた様にして居ましたが、遅い春がやって来たようです。
DSC00055_.jpgアマリリスも咲きました。
DSC00060_.jpgパール柑の花も満開です。
DSC00061_.jpg山鳩が私が造った巣に居心地確認に来ました。カメラを構えたら、飛んで行って、其のまま帰って来ませんでした。
DSC00062_.jpg作業場の片付けには棚が要ります。棚受けを作成します。目の手術をしてから、初めての溶接に成ります。額縁等を造る時に直角を出す道具で鉄アングルを挟んで固定します。
DSC00063_.jpg此れは溶接用マスクです。昔のは溶接する場所を狙い定めて、マスク(面)を被り溶接を開始しましたが、面を被った時溶接場所を見失って失敗し易すかったのです。(特に素人では)此れはかすかな火花を太陽電池が感知して覗き窓を高度なサングラス状態に一変するシステムです。今は1万円ぐらいでホームセンターで売っていますが。此れは10年前出始めに鉄工所の友達から紹介受けて、手配して貰った物なので、5万円ぐらいしました。此れは溶接寸前まで目で確認出来ます。その直後真っ暗に成りますが、その時は火花は見えますので、何処を溶接しているか確認出来るのです。溶接で失明した人が沢山居ますが、面を被るのが面倒で火花を直視して網膜が焼けて失明するのです。此れだとその心配は在りません!でも手術以来積極的には溶接作業をしたく在りません。
DSC00064_.jpg久しぶりに単層200Vの溶接機を出して来ました。
DSC00065_.jpg久しぶりだけど何とか出来ました。
DSC00066_.jpg DSC00067_.jpg
凸凹をサンダーで削り取ります。続きは明日!
スポンサーサイト

<< 溶接仲間 | ホーム | 熊本県シルバースポーツ交流大会 太極拳連盟 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。