カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

プロフィール

hero21emitan

Author:hero21emitan
1946年7月生まれ:男 血液型 O 
隠居老人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC電源スイッチトラブル

AC_.jpg
AC電源切り替えスイッチ 左から2番目のスイッチです。
DSC00200_.jpg DSC00203_.jpg
陸電:発電機:インバーターのAC電源の切り替えスイッチですが、1年前に陸電の接点が不調で接触不良に成りました。ロータリー式なのですが、インバーターは滅多に使いません!以前使ったら、オートパイロットが暴走して仕舞いました。オーパイのコンパスの近くにバッテリーが在って急激な電流が磁気を発生して、コンパスの方位を狂わせたのです。だから航行中はインバーターを使えません。それに発電機が在るので、インバーターの必要は在りません。発電機を搭載していない今迄の感覚でインバーターを搭載して仕舞ったのです。と言う訳で、インバーターの接点を陸電用に使う事にしたのですが、今年になって又其処も接触不良が起こりました。今回クルージング中だったので、電線を直結してしのぎました。陸電のある時は陸電の線と室内電源と結線して発電機に頼る時は発電機の線と結線し直す、此れを度々行って居ました。50Aのスイッチはざらに在りません。30Aなら容易に入手出来るのですが・・・・・帰港してマリンテックの社長に相談したら、現在はブレーカー式を採用しているそうでした。そこで注文して本日取り替えを試みました。
DSC00195_.jpg此れがそうです。
DSC00191_.jpg今までの二つのスイッチ取り付け穴の上に付属の切り抜き用型紙を当てたら此の通りはみ出すところが出て仕舞ったのです。
DSC00194_.jpg 仕方がないので切れ端を足りない部分に合わせて加工してエポキシ接着剤を塗ってクランプで固定して硬化ごスイッチパネルをあてがい、錐でネジ穴を開けました。しかし一箇所は丁度その継ぎ目だったので、慎重を期してその部分は軽くネジを差し込んで他は完全固定しました。
AC2_.jpg 何とかセット終了!ACスイッチとインバーターのスイッチのスペースにキチット収まりました。此処までは工作ですが、此れからは結線です。苦手な電気です。英語の説明書と図を見ながら先ずは受電側の結線此れは単純でした。陸電も今までの私の知識で何とかなりました。問題は発電機からの結線です。多分赤線はホットラインだと思い接続したが
赤と黒でも110V赤と白でも110Vがテスターで表示されるのです。どうしたら良いの?其処へKの蔵さんがひょっこり現れて、片方は絶縁テープで塞いで、放置したらどうかとアドバイスしてくれた。何かしっくりしないがそうするしか無い!取り合えづ仕上げて終了!!後はリメンバー艇長かマリンテックの社長に相談して見よう!
燃料の油水分離器フィルターも届いているので此れも取り替えなきゃ成らない。地方では全てを気楽に任せて依頼できる業者はそうは居ない。自分の納得出来る基準は自分で仕上げるしか無い!お金も節約しなきゃ!又問題発生時はその方が自分で対処出来るので安全なのだ。
スポンサーサイト

<< 燃料フィルター交換 | ホーム | 昨日の続き神戸の連中と幣立神宮 :通潤橋:高千穂峡:馬見原見物 >>


コメント

さすがですね

いつもEMITANさんの行動力に敬服します

交流電源の極性

日本では家庭用コンセントはどちらでも使えますが、アメリカのコンセントは左右大きさが違って、反対側では入らない様に設定して在りますね。だから日本人は極性に拘りが薄い様ですが、アメリカの器具を買うとそれを意識させられます。今回も実は桟橋の電源からの通線をアイマイにして居たので(桟橋の反対側に電源が在るので、下を通す為に別の線を引いたので、そこでも極性がアヤフヤに成って居ます。)それにヨットの引き込みコンセントも自分で取り付けたので其処でも怪しいのです。其々の段階で誤魔化す事になり訳が判らなくなって仕舞って居ます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。